Image

wordpress

WordPress4.1公開、デフォルトテーマの「TwentyFifteen」も同時に公開!
6年 ago

WordPress4.1公開、デフォルトテーマの「TwentyFifteen」も同時に公開!

年末恒例、Wordpressの大規模アップデートと、デフォルトテンプレートの「Twenty Fifteen」が正式に公開されました。

既にWordpressをお使いの方であれば、大量のアップデートアナウンスが来ている事でしょう。

早速、テスト用サイトをWordpress4.1にアップデートしてみました。すると、

プラグインのページに「おすすめ」が2つ。しかも内容が違います・・・。 どういうこっちゃと思い、Wordpressの言語設定を英語に変えてみたら

「一般的なおすすめ」と「既にインストール済みのプラグインに対してのおすすめ」という感じのようです。 Amazonや楽天みたいな感じです。ちなみにWordpressのバージョンによってもおすすめが変わりました。

また「集中執筆モード」もバージョンアップされたようなのですが、

このモードは、Wordpress4.0から追加されており、大きく変わった感じはしません。

「外観」や「設定」など、Wordpressのベースになるような部分は主に変わった感じはありません。 マイナーアップデートという感じですね。

—-

年末恒例のデフォルトテーマ、「Twenty Fifteen」も同時に公開されました。 Wordpress4.1にアップデートするとテーマフォルダに自動的に追加されます。

Twenty○○という名前の付いているWordpressデフォルトテーマは、構造も簡単で各種プラグインとの相性も良く、Wordpress初心者にとっては扱いやすい優れモノです。 基本的にはブログサイトを構築するために構成されていますので、コーポレートサイト作成にはあまり向いていませんが、カスタマイズによってそれも可能。

何より必要以上に複雑な構造になっていないので、初心者でもカスタマイズがしやすい利点があります。 また、当然レスポンシブ対応になっています。(前バージョンからも対応していましたが)

今回の「Twenty Fifteen」は前回の「Twenty Fourteen」のシステムを踏襲している感じがします。 カスタマイズも特に新機能はなく、「Twenty Fourteen」の仕組みを流用できそうです。 …
Read More

WordPressの新規投稿を自動でメルマガ配信し効果を高める方法

一生懸命ホームページを更新して、いい情報をファン向けに配信しているにもかかわらず、ホームページのアクセスが増えない・・・。 そんな悩みは無いでしょうか?

ホームページやブログ内で情報を高頻度で更新していくことはSEOの観点からも非常に重要です。 ただ、更新したことを随時ユーザーに届けなくては、即効性のある効果はなかなか得られません。 本当は更新したことをユーザーにお知らせしたい、そんな悩みを解決できる方法があります。

WordPressで構築したページの「新規投稿」をメルマガ形式でお届けできるプラグイン「MailPoet Newsletters」を導入します。

このMailpoet Newslettersは、新しく投稿したページとその内容をメルマガにして届ける(自動配信)する機能と、メールアドレスを取得するオプトインページの生成を両方行ってくれるプラグインです。

非常に細かい設定が可能で、

・HTMLメールのレイアウトテンプレートから選択して送信 ・送信元としてGmailやSMTPを設定し、迷惑メールにならないようにできる ・時間を決めて自動送信が可能 ・メルマガ内にSNS共有リンクを貼れる

など助かる機能も盛りだくさんです。

ただ更新することも非常に大事ですが、今はそれだけではユーザーが集まらない時代。 ワンステップ上の顧客獲得戦略を持つことで、効果は大幅に変わってくることもあります。 たくさん更新をしていても、いまいち効果や問い合わせが無い、といった場合はオプトイン手法をご検討下さい。

 

Written by 中島

WordPressで会員認証サイトを簡単に作る方法
6年 ago

WordPressで会員認証サイトを簡単に作る方法

既存顧客を大切にしているビジネスでは、他社との差別化の為に会員認証を導入したいケースも多いと思います。 ただ、今までの会員認証サイトはサーバーやデータベースとの連携が必要不可欠だったため、高レベルな知識と予算が必須でした。

そんな中、Wordpressで会員用サイトを構築するための簡単なやり方をいくつかご紹介します。

そもそも会員認証サイトには大きく分けて2つあります。

1.会員と非会員だけ区別すればよいもの

2.会員それぞれを別の属性とし区別するもの

つまりはA、B、Cという会員がいた場合に、 3人に同じ会員用ID、パスワードを発行すればいいのか それぞれにID、パスワードを発行し管理するのか の違いです。

—-

1.会員と非会員だけ区別すればよいもの

「会員登録してくれたユーザーに、極秘の資料をプレゼント!」 などのキャンペーンを行う場合はこのやり方が適しているでしょう。

このケースは非常に簡単です。 まず会員ページを固定ページ・投稿いずれかで作成します。 そして、その会員ページを「パスワード保護」します。

パスワード保護は、各投稿ページの右上、公開ブロック内の「公開状態」を選べば選択可能です。 ここで設定したパスワードをユーザーに教えれば、会員専用ページの作成が可能となります。

但し、このやり方の場合はパスワード設定をかけた全てのページで毎回パスワードを要求されます。 そのため、会員専用ページが複数ページにわたる場合は何度もパスワードを入力しなければならず(同じパスワードでも)、非常に手間がかかります。 保護ページが複数ページにわたる場合は、下記の2のやり方を参照してください。

 

2.会員それぞれを別の属性とし区別するもの

 

会員をそれぞれ管理し、別々のログイン情報と権限を与える場合はプラグインを使用するのが最も効率的です。 おすすめでメジャーなものは「WP-Members」です。

会員の新規登録、会員情報の表示はもちろんの事、ウィジェットを利用してログインフォームやログイン情報を表示できるため非常に扱いやすいプラグインです。 …
Read More

LivedoorブログやAmebaブログ、WordPressサイトにグーグルアナリティクスを埋め込む方法
6年 ago

LivedoorブログやAmebaブログ、WordPressサイトにグーグルアナリティクスを埋め込む方法

アメーバブログやLivedoorブログを会社のブログに使用している企業は多いのではないでしょうか? 何しろ7年ほど前はブログを自前で持つというのは非常にコストがかかり、管理も大変だった時代です。 そのままずっと各種外部ブログで記事を書き続けている方も多いと思います。

一方、自社ホームページはリニューアルし、グーグルアナリティクスでアクセス解析をしている。 外部ブログのアクセス解析は、各種サービスに付随する解析機能を利用しており、正直アクセス状況の情報が足りない・・・ そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

または、アメーバブログやlivedoorブログへのアクセスをもっと解析して、自社のサービスに活かしたい。 もっと詳しいアクセスを知りたい!そう思っている方も非常に多いと思います。

グーグルアナリティクスの解析能力についての詳しい説明は別の記事で書くとして、各ブログへのグーグルアナリティクス導入方法をお伝えしていきます。

【1】 トラッキングコードを入手します。

 

まずはGoogleへログイン。その後、グーグルアナリティクスへアクセスし、アカウントを作成します。

アカウントを作成すると、「トラッキングコード」と呼ばれるコードが取得できます。

このトラッキングコードをホームページやブログのHTMLに記述することでアクセス情報を入手できます。

 

【2】 ブログのどこかにトラッキングコードを記述する。

 

各種ブログのHTMLを記述できる場所にコードを記述します。 場所は各ブログごとに違いますが、

・Amebaブログの場合 フリースペースエリアにトラッキングコードを貼り付けます。

・Livedoorブログ 「ブログ設定」から「デザインカスタマイズ」タブをクリックし、コードの編集画面から</head>タグの直前にトラッキングコードを貼り付けます。

・Wordpress プラグインで「google analytics」をインストールし、有効化後、コードを記述します。


Read More

外出先から簡単更新!WordPressを携帯アプリで管理する方法
6年 ago

外出先から簡単更新!WordPressを携帯アプリで管理する方法

WordPressで作成した会社ホームページや企業ブログ、Eコマースサイトを更新したいけど、出先にいる事が多い、なんて声はよく聞きます。 日頃、サイトの価値を高めるためにブログをちょこっと更新しているサイトも多いでしょう。

そんな時に、いちいちパソコンの前に座ってブログを更新していては手間が大幅にかかってしまいます。 でも検索順位を決定づけてるGoogleはサイトをこまめに更新することを勧めています。 もっと手軽にサイトやブログを更新できれば・・・

そこでスマホアプリでWordpressサイトを更新・管理できるやり方をご紹介します。 iPhone、AndroidどちらでもOKです。

 

【1】 WordPress公式アプリをダウンロードします。

インストールすると、ログインID、パスワード、サイトURLを聞かれますので、入力します。 複数のWordpressサイトを管理することも可能です。急なトラブルがあるデベロッパー的にも嬉しいですね。

 

【2】 アプリの使い方を見てみましょう。

メインコントロールパネルでは、ブログやホームページについたコメントのチェックや、アクセス統計情報のチェック(プラグインが必要です)が可能です。 管理画面(ダッシュボード)の表示も可能。もちろん、新規投稿もできます。 スマホ内の写真をダイレクトに投稿できるので、場合によってはパソコンからの投稿よりも便利です。

 

【3】 投稿ページを開いてみましょう。

こちらで最新の投稿管理が可能です。 各投稿内容のリストや個別修正などができます。

——

以上がスマホアプリでWordpressサイトを更新・修正する簡単な方法です。 Wordpressには純正アプリ以外にも管理アプリがたくさんあり、運営管理が非常に簡単なのも魅力の一つ。 ぜひ更新管理にアプリを導入してみてはいかがでしょうか?


Read More