Image

GoogleAnalytics

グーグルアナリティクスを利用する前に、「グーグルウェブマスターツール」の設定はお済みですか?
6年 ago

グーグルアナリティクスを利用する前に、「グーグルウェブマスターツール」の設定はお済みですか?

ホームページを開設した後、その状況を分析し、効果改善に役立てるツール「グーグルアナリティクス」については日頃その使い方や機能をお伝えしている次第です。

しかし、グーグルアナリティクスでわかることはホームページにアクセス済のユーザーの動き。 ホームページにアクセスしてくる前の動きをもう少し知りたい! そんなニーズに対応するのが「グーグルウェブマスターツール」です。

基本的にはグーグルアナリティクスを設置した時点で、ウェブマスターツールも登録すべきです。

—-

さて、このウェブマスターツール。何がわかるのかというと、 ホームページが実際にどんな検索キーワードで表示されているのか、その場合の表示順位は何位なのか? たとえばこのような検索クエリに関する情報が簡単に取得できます。

また、検索順位を決定するのに、ホームページの構造上問題がある点などを指摘してくれます。 ※たとえば、画像が多すぎてサイトの表示が重い、など

このグーグルウェブマスターツールは、グーグルアナリティクスと連携が可能です。(アカウントのひもづけ) 連携を行うと、日別の検索順位を取得できたりして、SEO上の変化をチェックすることができます。

グーグルアナリティクスで取得できる情報はもちろん大事ですが、それだけでは十分な情報を取得できているとは言えません。 かならずウェブマスターツールとの同時設定を心がけるようにしましょう。

 

Written by 中島

 

トップページでどのバナーがクリックされているかが一目でわかるグーグルアナリティクスの凄い機能
6年 ago

トップページでどのバナーがクリックされているかが一目でわかるグーグルアナリティクスの凄い機能

ホームページを運用していると、トップページがバナーだらけになっちゃった・・・ 表示がやたら重くなってきているけど、どれを削ればいいかわからん。。

なんて事は経験ないでしょうか?

ページをどんどん増やしていくと、当然再構築が必要になってくるわけで、クリック率の高いバナーを残し、低いバナーはリストラした方が有用です。 特に3年以上ページを運用している場合に多くみられる傾向だと思います。

ホームページ解析ツールの王様グーグルアナリティクスでは、そんなホームページ内のバナーやリンクを、クリック率別にヒートマップ化してくれる機能があります。

「行動」タブ内のページ解析を見てみましょう。 普段はサマリーや行動フローで終わりがち、なんでこんな地味な場所に配置し、何をやってくれるのかイマイチわかりにくいタイトルをつけたのか理解に苦しみますがとにかく「ページ解析」の場所をクリックしてみましょう。

どうですか・・?

グーグルアナリティクスを埋め込んだページのクリックヒートマップが大きく表示されているはずです。 これでトップページのバナー群やグローバルメニュー内の問題児も一目瞭然。

あんなに気合い入れて作ったバナーも戦力外寸前の打率を残してたりする事がわかると思います。

定期的に分析するって大事ですね。。。

 

Written by 中島