Image

通販

50代の6割、60代の7割はスマホで商品購入経験なし。その理由とは?
6年 ago

50代の6割、60代の7割はスマホで商品購入経験なし。その理由とは?

最近はLINEもEコマース市場へ進出するなど、盛り上がりをさらに加速するスマホ通販市場ですが、楽天リサーチが興味深いデータを公表しています。

出展:http://research.rakuten.co.jp/report/pdf/smartphone_1406.pdf

リサーチデータによると、 ・50代では約6割が、60代では約7割が、スマホで商品購入の経験がない ・その理由は、商品が見づらいから

となっています。

一方20代のデータになると、約半分の人がよく使う機能に通販を挙げており、世代間格差が如実に表れています。

また文字の打ちづらさ、画面の見づらさも通販を利用しない理由に挙げており、今後のデバイスの変化や時間経過によって改善がみられるかもしれません。 また高齢をターゲットに据える際には、商品の画像をいかに大きく見せるかがキーと言えそうです。

また逆説的にデータを読むと、60代も3割はスマホで商品購入するという事ですので、十分アプローチ可能なマーケットを持っていると言えます。 今後はアプローチ世代に関わらず、スマホでのアプローチが重要になってきそうです。

【スマホ・PC比較】食品通販の効果検証事例

今回は食料品販売の通販にインターネット広告配信を使用した場合での検証事例のご紹介です。

検証期間は2013年の1月~6月末までの6ヶ月間、「GoogleAdwords」の広告を使用し、通販サイトへの誘導を行いました。

GoogleAdwords内で使用した広告は 【1】検索キーワード広告 PC 【2】検索キーワード広告 スマートフォン 【3】検索キーワード広告 フィーチャーフォン 【4】ディスプレイ広告 PC 【5】ディスプレイ広告 スマートフォン 【6】ディスプレイ広告 フィーチャーフォン と大きく分けて3つのデバイスと広告の種類に応じてキャンペーンを6つに分割しています。

細かい数字は割愛しますが、(いずれ数字でのデータ分析結果も公表するかもしれません)

CPC(クリック1回あたりの金額)は 検索キーワード広告で、スマートフォンがPCと比較して 65% ディスプレイ広告で、スマートフォンがPCと比較して 71% と、スマートフォンの方が安価にユーザーを獲得できている結果が出ました。

また、CV率(クリック1回あたりから成約になった率)は 検索キーワード広告で、スマートフォンがPCと比較して 127% ディスプレイ広告で、スマートフォンがPCと比較して 104% と、こちらもスマートフォンの方が成約率の高い結果となりました。

さらに、サイト内のGoogleAnalytics情報を解析してみた結果、 スマートフォンユーザーの方が、成約(CV)に至るまでの滞在時間が短く、 短時間で購買を決定していることもわかりました。

ここまでだけを見てみると、スマートフォンってすごいじゃん! と思ってしまいがちなのですが、サイト運用者へのヒアリング・情報解析を加えたところ …
Read More