Image

ウェブマスターツール

GoogleウェブマスターツールがGoogle Search Consoleへ一新。
6年 ago

GoogleウェブマスターツールがGoogle Search Consoleへ一新。

ウェブサイト管理者や解析する方にとって必須のツールであったGoogleウェブマスターツールが5/20に「Google Search Console」へと名前を変え一新されました。 10年近く提供してきた重要なサービスであったため、名称の変更には名残惜しい人もいるのではないでしょうか。

Google公式ブログによると

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスター ツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスター ツールは、小規模事業主から、SEO の専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Google ウェブマスター ツールの名称を Google Search Console に一新し、Google 検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。

と言っています。

“Google Search Console” – ウェブマスター ツールが新しくなりました http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/05/announcing-google-search-console-new.html

 

従来のウェブマスター(サイト管理者)向けのツールから、ウェブに関わる全ての人へ情報を提供していくサービスを目指す、という事のようです。

現時点(5/22)ではインターフェースや機能は、従来のウェブマスターツールと変わっていません。 …
Read More

グーグルアナリティクスを利用する前に、「グーグルウェブマスターツール」の設定はお済みですか?
6年 ago

グーグルアナリティクスを利用する前に、「グーグルウェブマスターツール」の設定はお済みですか?

ホームページを開設した後、その状況を分析し、効果改善に役立てるツール「グーグルアナリティクス」については日頃その使い方や機能をお伝えしている次第です。

しかし、グーグルアナリティクスでわかることはホームページにアクセス済のユーザーの動き。 ホームページにアクセスしてくる前の動きをもう少し知りたい! そんなニーズに対応するのが「グーグルウェブマスターツール」です。

基本的にはグーグルアナリティクスを設置した時点で、ウェブマスターツールも登録すべきです。

—-

さて、このウェブマスターツール。何がわかるのかというと、 ホームページが実際にどんな検索キーワードで表示されているのか、その場合の表示順位は何位なのか? たとえばこのような検索クエリに関する情報が簡単に取得できます。

また、検索順位を決定するのに、ホームページの構造上問題がある点などを指摘してくれます。 ※たとえば、画像が多すぎてサイトの表示が重い、など

このグーグルウェブマスターツールは、グーグルアナリティクスと連携が可能です。(アカウントのひもづけ) 連携を行うと、日別の検索順位を取得できたりして、SEO上の変化をチェックすることができます。

グーグルアナリティクスで取得できる情報はもちろん大事ですが、それだけでは十分な情報を取得できているとは言えません。 かならずウェブマスターツールとの同時設定を心がけるようにしましょう。

 

Written by 中島