Image

ホームページその他

飲食店は自社HPより、ソーシャルメディアに興味がある!?
6年 ago

飲食店は自社HPより、ソーシャルメディアに興味がある!?

弊社も会員である東京商工会議所が、都内の飲食店1,000社に対しアンケートを送付した結果(うち374社が回答)、

”今後、取り入れたいPR方法は次のうちどれですか?”という問いに対し、

第一位「グルメサイト」…21.8%

第二位「ソーシャルメディア」…18.7%

第三位「自社ホームページ」…13.7%

 

(東京商工会議所調べ:2014)

 

となったそうです。その他の手段としてはポスティングやグルメ情報雑誌、新聞や地域情報誌などがあり、従来のPR手段を押さえてインターネットを活用したPR手段に関心が高いことがうかがえます。

他の質問として”PRをどのような方法で行っていますか?”という質問項目があるのですが、その回答は

第一位「グルメサイト」…55.8%

第二位「自社ホームページ」…34.9%

第三位「ソーシャルメディア」…28.7%

 

(東京商工会議所調べ:2014)

 

となっており、少し短絡的な見方かもしれませんが、PR方法としてはグルメサイトを現在活用していて、今後さらに活用して行きたいという飲食店が最も多く、次が自社ホームページを活用していて、ソーシャルメディアにより力を入れていきたいと思っているお店が多い様に見えます。

弊社のクライアントでもそういったパターンが大半なので、色眼鏡がかかっている可能性も高いですが、現在はただ目的もなく自社ホームページを運用しているだけでは、なかなか効果につながらない時代になってきていて、自社ホームページとソーシャルメディアをうまく使い分け、いかに相乗効果を出していくのか、といった課題をどの企業も抱えており、そういった面がこのアンケートにも現れている気がします。

実際HP製作の大手企業である株式会社メンバーズなどは、中期経営計画でソーシャルメディアの活用支援事業を柱にすえることを公表しており、自社ホームページとソーシャルメディアの併用に関しては、プロであるインターネット業界自体も力を入れていく傾向にあります。

うまく活用すれば、大きな宣伝効果が見込めるPRツールであるソーシャルメディアは、確かにどの企業にとっても魅力的です。自社ホームページと比べても立ち上げや運用が容易な面も多く、それだけによりコストや時間を抑えて宣伝効果につなげられるのかといったノウハウが大事になってくる分野です。

情報元

東京商工会議所

http://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/inshoku/chosa_kekka/

株式会社メンバーズ 第一次中期経営計画

http://www.slideshare.net/Memberscorp/2013320153

スマホ向けリスティング広告って、実際どうなの?

「せっかく言うとおりブログ付きのホームページにリニューアルしたんだから、記事を書いて下さい。」と言われ、頑張って記事を書かなきゃと思っている米倉です。最近WOWOWの録画した映画がたまっているんですが、見る時間がなくて早送りして気になるところだけスピードを落として見ているという、映画製作者の皆さんには大変申し訳ない映画の見方をしております。ごめんなさい…。

本題です!

弊社はリスティング広告の代理店ですが、この分野ではご多分にもれず、スマートホン向けの広告が熱いことになっています。グーグルさんもかなりスマートホン向けの広告を押してきます。まあリスティング広告が効果を発揮するための最大の必要条件である検索数が、スマートホンでめちゃくちゃ増えているので、当然と言えば当然ですね。

実際、効果は出るのか!?

とはいえ広告なので、ここが一番大事ですよね。効果の出ない広告は屁のつっぱりにもなりません!えらそうかつ筋肉マン世代なことがばれる発言をしましたが、実際の話はというと…、

案件次第です。

まだブログ記事の公開もしてないのに、皆さんの怒りのつっこみが聞こえてきます…。そうですよね、そんなの当たり前だろうと。ただ様々な業種の数十社を超えるお客様に去年の年末から現在に至るまでスマートホン(そろそろスマホッて略してもいいですよね?)向けの広告をご利用頂いたのですが、スマホ向け広告はかなり商品やサービスとの相性があると思います。

抜群に効果を発揮した案件もあれば、PC向けと大して変わらないもの、スマホ独特の動きを見せたもの、おおはずれに終わったもの…。色々ありますが、その中でいくつかの案件を、紹介できる範囲でご紹介したいと思います。

【続く】