Image

お役立ちツール

SSL(HTTPS化)にもレベルがある?その価格と認証、セキュリティの違いとは。
3年 ago

SSL(HTTPS化)にもレベルがある?その価格と認証、セキュリティの違いとは。

こんにちは、Cocoaウェブディレクターの中島です。

昨今、ウェブサイトやお問い合わせ、クレジットカード入力フォームなどの暗号化が大きなウェブサイトのトレンドとなっています。 SSL化(通信の暗号化)、サイトのHTTPS化を進められたウェブ担当者の方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。情報を盗み見られてしまう!セキュリティやコンプライアンスだという問題もあるのですが、昨年GoogleがSSL化を推し進めようと検索順位に差を設けることや、Chromeをはじめとするブラウザで警告表示を出す、と発表したからです。

GoogleChrome、HTTPS非対応サイトにアクセス時に警告表示へ

検索順位に影響する、世の中全体が情報漏洩に敏感になってきている、とあれば企業はこぞってサイトやフォームのSSL化を進めます。 2017年は、多くのサイトがSSL対応化されると予想されています。

さて、そんな中ですが、実はSSL通信にも3つのレベルがあることはご存知でしたでしょうか?

それを知るためには、まずSSL通信の仕組みについてざっくりと理解する必要があります。

SSL通信のおおまかな仕組み

いびつな図で恐縮ですが、大まかにいうとこんな感じになります。

ユーザーはHTTPSというセキュアなウェブサイトの閲覧によって情報をSSL証明書に基づいた暗号化で送信します。

受け取るサーバーは暗号化された情報を、SSL証明書に基づいて暗号を解除します。

暗号化の方法、および解除方法は中間に立つSSL認証局がSSL証明書という形で発行します。

この3者方式によってSSL通信は成り立っています。

SSL証明書には3つのランクがある

通信の安全性のレベルはどのSSL通信も変わりません。

証明書のランクが影響するのは、通信している先の相手が正しい相手かどうか、です。

例えば、詐欺師などの悪い奴がSSL証明書を取得していたらどうでしょうか。いくら情報を暗号化して送ったところで、意味がないですよね?

以下がSSL証明書の3つのランクになります。

・DV (Domein Validation) ★ランク

ドメインが存在しているかどうか、Whois情報などによってドメイン取得者が公開されているかどうか

・OV (Organization Validation) ★★ランク

DVに加えて、電話などによる企業が実在しているかどうかの確認

・EV (Extended Validation) ★★★ランク

OVに加えて、さらに登記簿などの書類提出が必要


Read More

プレゼン、サービスを一歩前へ進める「ロードマップ」の使い方
3年 ago

プレゼン、サービスを一歩前へ進める「ロードマップ」の使い方

こんにちは。Cocoaウェブディレクター中島です。

私は仕事柄、企画書やプレゼンテンプレートを作成利用する機会が多いのですが、今回はそんなテクニックから使えるものを一つご紹介します。

皆さんは「ロードマップ」という言葉をご存知でしょうか?

最近はゲームソフトなどでもよく聞く言葉ですので一般的に耳にすることも多い言葉かと思います。

「ロードマップ」とは、

「具体的な達成目標を掲げた上で、目標達成の上でやらねばならないこと、困難なことを列挙し、優先順位を付けた上で達成までの大まかなスケジュールの全体像を、時系列で表現した書物である。」

とWikipediaに書かれています。

簡潔にいうと、「未来への計画書」です。

現在のサービス、商品は売ってハイ終わり、ではなくインターネットの力を使いアップデートされていくものも増えてきました。

例えば、スマホもアップデートによってOSが変わり、新しい機能が追加されたりします。

家電も、今ではインターネットに接続し機能が更新されていくものもどんどん出てきています。

ゲームソフトも発売後にアップデートされ、バグがなくなったりインターフェースが改善されたり、追加のストーリーが配信されたりしますね。

私たちの仕事でいうと、ウェブサイトをお客様にご案内するときに、現在の仕様だけでなく長期的に見た場合に、どんなスケジュールでサイトをアップデートしていくのか、を示すことがあります。

企画書には「短期ロードマップ・中長期ロードマップ」の欄を

目まぐるしく時代や商品が変わり、人々の生活も変わる現代において、その商品(サービス)をご案内するうえで、商品販売側は短期と中長期の視点でそのサービスをどのように活用、アップデートしていくつもりなのかを示す必要があります。

商品に大きな差がない場合は、ロードマップの内容こそが商品の価値を左右する場合すらあるといえると私は思います。

ちょっと以下の例を見てみましょう。

以下の例は、昨年後半に発売されたゲームの「FinalFantasy XV」のロードマップです。

http://www.jp.square-enix.com/ff15/statement/

発売当初はバグだらけのクソゲーと揶揄されたこのゲームも、ロードマップを公開してから評価は大きく変わりました。

現在のビジネスは、発売当初の評価をロードマップの公開、宣言によって大きく変えることが出来る例と言えます。ゲーム業界に関しては、この手法がすでに定着しつつあります。

ポケモンGOなどもロードマップの宣言によって大きく評価が変わる好例の一つです。

企画書やビジネスにおいても活用を

ロードマップの概念自体は、古くからあるものです。

しかし、時代背景、商品の性質などを考えたときに、ロードマップの重要性は以前とは比べ物にならないくらい高まってきています。ウェブに関する商品ならなおさらです。

ぜひアップデートロードマップの利用を進めていければ、と思います。

【2017年最新版】Googleマップ、埋め込んでも表示されない場合のTIPS
3年 ago

【2017年最新版】Googleマップ、埋め込んでも表示されない場合のTIPS

あけましておめでとうございます。Cocoaウェブディレクターの中島です。

少し古いニュースではあるのですが、比較的お問い合わせが多い内容に関して今日はお答えしていこうと思います。

2016年中旬以降、新規作成サイトにてGoogleMapsの地図を埋め込んだ際に、以下のような表示になってしまっていませんか?

なぜだ・・・、今まで普通に埋め込みできたのに。。

こう思った方は少なくないと思います。

特に、サイトにGoogleMapsを埋め込むのはほぼ必須と言っていい昨今。これは困る。どうすればいいんだ。。

2006年中旬以降、新規サイトへのGoogleMaps埋め込みにはAPIキーが必須

上記の通り、サイトにGoogleMapsを埋め込むには、ディベロッパー登録と専用Javascriptコード(APIキー)の取得が必須です。

うわぁぁ、メンドクセぇ!

そう思いそうですが、実は3分で完了します。

下記の方法に従って、慌てずにやってみましょう。

事前準備として必須なのは、Googleアカウントを取得することだけです。

xxxxx@gmail.com

などアカウントを持っていればそれでOKです。

APIキーの取得方法

まずは、Google Maps APIs for Webへアクセスします。

慌てずに上記のリンクをクリックしてください。

こんな画面が出ましたね?それでは、右上の「キーを取得」をクリックです。

指示に従い、特に何もいじらずにひたすら「続ける」「続行」をクリックしていきます。

下記の画面になったらSTOP。

「名前」は任意です。適当にサイト名でも入力しておきましょう。

「このHTTPリファラー~~~~」のBOXに、作成中サイトのURLを入力します。

http://は不必要です。xxxx.comと入力しましょう。


Read More

【10分TIPS】あなたのサイトが正しくスマホSEO対応できているかを確認する方法
3年 ago

【10分TIPS】あなたのサイトが正しくスマホSEO対応できているかを確認する方法

こんにちは。Cocoaウェブディレクターの中島です。

モバイルフレンドリー、モバイルファースト。 スマホ対応関連の流行語が毎月のように登場するウェブマーケティング界ですが、そもそも自社のサイトが正しくスマホ対応できているかどうかをチェックしてから対策を取らないと、徒労に終わってしまいます。

今回は、特に大きなスマホ対策を行っていないけど、今自分のサイトは大丈夫なのか、サクッと確認するためのビギナー向け簡易TIPSをお伝えします。

事前準備

まずは事前準備です。

サイトにGoogleSerchConsole(旧ウェブマスターツール)を設定してください。 GoogleSerchConsoleの基本的な内容に関しては、以下のブログ記事をご確認ください。

3分でわかる!Googleサーチコンソールの一番基本的かつオススメの使い方

グーグルアナリティクスを利用する前に、「グーグルウェブマスターツール」の設定はお済みですか?

これにより、自社サイトが検索でどのように影響されているかがわかるようになります。

モバイルフレンドリーテストをしてみる

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

上記のリンクをクリックして自社のサイトのURLを入力してみましょう。

1分ほど待ちます。。。。待ちます。

こんな感じになれば、基本的なモバイル対応としてはOKです。(完ぺきとは言いませんが)

ダメだった時の例もお見せします。

1分ほど待ちます。。。。待ちます。

こうなってしまった場合は、「モバイルフレンドリー」ではありません。残念。

スマホなどのモバイルデバイスで検索した場合に、検索順位が下がってしまいます。

エラーが出た際の基本的な対応方法

アラートメッセージを解消するように対策するのが基本です。


Read More

ウェブ系営業マンが持っててよかったと思う5つのアイテム
3年 ago

ウェブ系営業マンが持っててよかったと思う5つのアイテム

こんにちは。Cocoaウェブディレクター兼営業の中島です。

最近社内の組織変更に伴い、外出して顧客先へ伺う機会が以前より増えました。

そこで、普段私が持ち歩いていて、「持っていてよかった!」営業マンツールを一部ご紹介しようと思います。

もちろん、名刺入れとかスマホとか財布とか当然のように持ち歩いているものは含んでいませんよ。

① ディスプレイクリーナー

携帯用のディスプレイクリーナーは常備しています。

お客様先で見せるタブレットorPCの画面が汚いとわくわく感も半減。 色も曇ってしまい、デザインも伝わりにくくなってしまうかも。

乾いた布タイプのクリーナーもありますが、濡れタイプは使い捨てもでき、緊急時にはワイシャツやスーツの汚れとりとしても使えて便利です。タイプによってはキーボードにも使えますよ。

② 携帯カイロになるモバイルバッテリー

寒い季節になってくると役に立つのがこれ。

携帯カイロとして利用できるモバイルバッテリーです。 寒い季節に公共交通機関を待っているときなどに持っててよかった!と思います。

もちろん、緊急時にスマホを充電もできていう事なしです。

③ 超小型電気シェーバー

これさえあれば、寝坊ギリギリでもなんとかなります。 USB充電タイプであれば、尚よし。駅のトイレでサクッと髭剃りが可能です。

髭の濃い方なら夕方にもうひと剃りもできます。本当はモバイルバッテリーにもなれば最高なんですけどね。

④ 超軽量カーボン折りたたみ傘

近年は、超軽量の折りたたみ傘が登場しているのをご存知でしたか?

なんとカーボン素材の折りたたみ傘が出ています。しかも、広げると十分男性サイズ。 値段も3,000円~5,000円くらいと比較的手ごろです。


Read More