Image

データベース

電通が日本の広告費2015年度版を公開。気になるインターネット広告市場は?
4年 ago

電通が日本の広告費2015年度版を公開。気になるインターネット広告市場は?

私たち広告業界の人間は毎年この時期に発表される「昨年の日本の広告費」が気になって仕方ありません。

このデータは、毎年日本最大の広告代理店である、株式会社電通が発表しています。

媒体別・業種別の広告費データが出ますので、各産業へのアプローチ傾向がわかり非常に助かっています。

2月23日に2015年度版が電通のニュースリリースより発表されていますので、今回はその内容で気になる点をまとめてみました。

 

なお、ニュースリリースは下記リンクより見ることができます。

株式会社電通 ニュースリリース 「2015年 日本の広告費」

 

インターネット広告業界は堅調に成長しているが・・・

■ インターネット広告媒体費 9,194億円(前年比111.5%)

 ※うちリスティング・DSPなどの運用型広告費 6,226億円(前年比121.9%)

■ インターネット広告制作費 2,400億円(前年比105.5%)

と、インターネット広告業界は非常に堅調に成長を続けているのがわかるのですが、媒体費の伸びに比べて広告制作費の成長は鈍化しています。

これは広告インフラを提供する会社は成長していますが、広告制作を行う会社の利益率は悪化している傾向にあるという事です。

この制作単価低下の流れは毎年続いており、より価格競争が激しくなったことを表しています。

また、PC市場からスマホ市場へ広告市場が移行していることから、案件数が増加しつつも制作単価の減少を引き起こしてると思われます。

私たちのように広告販売だけでなく、自社で制作を行っている企業としては、他人事ではありません。

 

紙広告関連は軒並み減少

まだまだ累計ではインターネット広告市場を上回る一大市場である紙広告分野は、非常に厳しい状況に立たされています。

■ 折込広告 4,687億円(前年比95.3%)

■ ダイレクトメール 3,829億円(前年比97.6%)


Read More

世界のスマホ市場、中国Huaweiが37%の急成長!スマホ市場の拡大がウェブマーケティングに与える影響とは?
4年 ago

世界のスマホ市場、中国Huaweiが37%の急成長!スマホ市場の拡大がウェブマーケティングに与える影響とは?

米IT調査会社IDCが1月27日に2015年第4四半期(2015年9~12月)および2015年通年の世界におけるスマートフォン出荷に関する調査結果を発表しました。

この情報によると、2015年通期のスマートフォン出荷台数は14億台を上回っており、すでに行きわたった印象の強いスマホ市場ですが、まだまだ堅調に成長していることが分かります。

また、2015年度のメーカー別出荷台数においては中国のHuaweiが驚くほどの成長を見せ、2014年に上位だったLenovoを抜き去り、世界3位のスマホメーカーへと成長しています。

iCharts

 

IDC Press Release :Apple, Huawei, and Xiaomi Finish 2015 with Above Average Year-Over-Year Growth, as Worldwide Smartphone Shipments Surpass 1.4 Billion for the Year, According …
Read More

【直前特集】バレンタイン商戦についてインターネット上を分析してみた。おもしろサジェスト一覧も。
4年 ago

【直前特集】バレンタイン商戦についてインターネット上を分析してみた。おもしろサジェスト一覧も。

いよいよバレンタインが間近と迫ってきてしまいました。

男性諸君はチョコレートをもらえるのか。女性諸君は誰に本命チョコを渡し、誰に義理チョコを渡すのか。

現在はチョコレートも色々な種類があります。「生チョコレート」に「トリュフチョコレート」、「ドライフルーツチョコレート」に「ラム酒チョコレート」。

「チョコレートクッキー」や「チョコレートラスク」なども選択肢になるかもしれません。

「ゴディバ」や「ロイズ」など有名どころのチョコレートの購入を検討する人もいるかもしれませんし、手作りチョコを作るため、作り方をインターネットで検索し、材料や包材を通販で購入しようとする人もいるかも。

いよいよバレンタインが近づくにつれて、インターネット上も盛り上がりを見せる中、どれくらいの商戦状況になっているのかを簡単に分析してみました。

 

バレンタイン関連のトレンド・ピークはいつくるの?

上の図は、Googleトレンドで抽出した、2015年のバレンタインに関するアクセストレンドデータです。

赤いグラフ:「チョコレート 手作り」 青いグラフ:「バレンタイン 通販」 黄色グラフ:「チョコレート 通販」

という検索ワードの状況です。

見てみるとわかるのですが、手作り・自作系のキーワードはバレンタイン1週間前に大きく伸ばすのに対して、購入・通販系のキーワードはバレンタインに近づいてなだらかに増えていることが分かります。

当然、注文してから届くまでの時間も関係しているでしょうが、手作りに対し消費期限の長い通販チョコレートは、事前に購入して冷蔵庫で保管するユーザーも多いのでしょう。

一方、手作りの場合消費期限が短いこともあり、1週間前に急激に増えると考えられますね。

チョコレートの通販を検討する場合、また関連する広告などを出稿する場合は、1月上旬くらいから徐々に広告費を投下してもいいと思います。

また、3月に突入してもいきなり検索数が低下するわけでなく、ホワイトデーシーズンに若干盛り返します。

バレンタインデー直前をピークとしてしばらく終わらないのは面白いですね。

 

チョコレート通販に関してもし広告を出したら、どれくらいかかるの?

GoogleAdwordsのキーワードツールにて、2015年2月を中心としたチョコレート通販に関する広告費データを算出しました。

1日の広告費5,000円程度で700件前後のクリック数が獲得可能との予測です。(保証できるものではありません)

1回のクリック単価が約7円程度です。

通販サイトの来客者の購入率が1%の場合、購買者の平均購入額に対する利益が700円を上回ると黒字、という計算になります。

購入率2%の場合は、購買者の平均購入額に対する利益が350円を上回ると黒字、という事になりますね。

ブランド力が強くないサイトの場合でも十分に戦える数字ではないか、と思います。


Read More

50代の6割、60代の7割はスマホで商品購入経験なし。その理由とは?
6年 ago

50代の6割、60代の7割はスマホで商品購入経験なし。その理由とは?

最近はLINEもEコマース市場へ進出するなど、盛り上がりをさらに加速するスマホ通販市場ですが、楽天リサーチが興味深いデータを公表しています。

出展:http://research.rakuten.co.jp/report/pdf/smartphone_1406.pdf

リサーチデータによると、 ・50代では約6割が、60代では約7割が、スマホで商品購入の経験がない ・その理由は、商品が見づらいから

となっています。

一方20代のデータになると、約半分の人がよく使う機能に通販を挙げており、世代間格差が如実に表れています。

また文字の打ちづらさ、画面の見づらさも通販を利用しない理由に挙げており、今後のデバイスの変化や時間経過によって改善がみられるかもしれません。 また高齢をターゲットに据える際には、商品の画像をいかに大きく見せるかがキーと言えそうです。

また逆説的にデータを読むと、60代も3割はスマホで商品購入するという事ですので、十分アプローチ可能なマーケットを持っていると言えます。 今後はアプローチ世代に関わらず、スマホでのアプローチが重要になってきそうです。

最新版の「情報通信白書」を総務省が公開

 

総務省が毎年発表している「情報通信白書」の最新版(平成26年版)が公開されました。

 

総務省という信頼できる機関が発表しているデータだけに、業界のみならずインターネット関連の仕事に携わっている方には必見のデータ集です。

 

すでにHTML版、PDF版ともに総務省のページで公開されており、さらにiOSやAndroid向けのアプリとしても公開されるので、外出時でも参考にしやすい形式で公開されています。

 

また「情報通信白書」はオープンデータ化されており、原則として、どなたでも自由に複製・改変・頒布・公衆送信等のあらゆる二次利用を可能(商用利用も可能)とされています。出典を示すことは勿論必要ですが、商用利用も可能なのは嬉しいポイントですね。

 

すぐごらんになりたい方は、こちらのリンクからどうぞ。