Image

Youtube

遅れてきた最大手「Youtube Red」のオリジナルコンテンツ配信が2/10にスタート
4年 ago

遅れてきた最大手「Youtube Red」のオリジナルコンテンツ配信が2/10にスタート

動画サービス最大手、YouTubeがアメリカで公開している有料定額サービス「YouTube Red」が、とうとうオリジナルコンテンツの配信を現地時間2/10より開始します。

まだ日本はサービス開始前ですが、いずれ日本でも導入されるであろう、「YouTube Red」。改めておさらいしてみましょう。

 

YouTube Redってなに?

YouTube Redとは、2015年10月にアメリカでスタートしたYouTubeの定額制有料サービスです。

・  広告を表示しなくする

・  オフライン保存して通信なく視聴可能になる

・ バックグラウンド再生可能になるので音楽プレーヤー的使い方が可能になる

・ Google Play Musicの定期購入をしている場合は無料 逆もまたしかり

といったメリットがあり、月額9.99ドルです。

これだけではかなり弱いのですが、事前より有料ユーザー向けオリジナルコンテンツの配信を予告しており、その配信が2/10より始まる、ということです。

まずはSF映画などを4本公開するそうで、このコンテンツはYouTube Redのサービスが開始していない日本からも別途購入可能だそうです。

 

YouTube Redのユーチューバーへの影響とは

YouTube Redと通常のYouTubeでは広告収入に違いがあります。Redでは、月額9.99ドルの利用料の一部(割合は非公表)がYouTuberに分配されるとの事ですので、ユーチューバーにとってもメリットがありそうです。

そもそも、YouTube …
Read More

YouTubeが遂にループ再生に対応!同じ曲をひたすら流し続けることが可能に。
4年 ago

YouTubeが遂にループ再生に対応!同じ曲をひたすら流し続けることが可能に。

もっとも有名な動画共有サイトの一つであるYouTubeがこの世に誕生し、約10年の歳月が経ちました。

最初は個人の撮影したちょっとブラックな動画が多かったのが、時を経るごとに音楽のプロモーションビデオの公開場所になったり、企業のPR動画が多く置かれるようになったり、はたまた個人がテレビゲームをやりながら実況し一躍人気者になったり、You-tuber -ユーチューバー-と呼ばれる動画作成で生計を立てる人まで生まれるようになりました。

好きな音楽を聴くのが、iPodなどのMP3プレーヤーではなく、YouTubeだ、という人も少なくありません。

そんな、人々がかかわる大きなフィールドとなったYouTube。まさか、ループ再生機能が今までなかったなんてご存じだったでしょうか?

 

10年の時を経て、YouTubeがループ機能をこっそり追加

2016年1月、特に大きな告知もなく、ひっそりとループ再生機能がYouTubeに追加されました。

やり方は簡単。PCブラウザでYouTubeを立ち上げ、再生中の動画の上で右クリック。

メニュー内の「ループ」の場所にチェックを入れる、ただこれだけです。

動画終了後に、いきなり別の動画に飛ばされることも、広告が挟まることもなく、即座にループ再生が始まります。

しかし、2016年1月22日現在、スマホのアプリ版は対応していません。残念。

 

ループ再生では、再生回数は増えない

ということは、ひたすらループされるような中毒的コンテンツを作成すればたくさん広告収入を稼げるYou-tuberになれる!

と思った方。私も考えました。

しかしこのループ再生、再生回数は残念ながら増えないようです。(現時点では)

YouTubeの収益化プログラムでは、1つの動画が再生されたときにGoogleより収益が払われるのは「30秒以上動画が再生されたとき」となっています。

20秒の動画がループ再生されたときに、収益化の対象になるかどうかはまだ運営元より公表されていません。

どうなんでしょうね・・・

 

ループを前提とした中毒的コンテンツが生まれてくるかも?

例えば数秒程度の動画が無限ループすることで一つの表現になる・・・ようなループを前提にしたようなコンテンツが生まれてくるかもしれません。

2015年10月にはInstagramが「Boomerang」というスマホアプリをリリースしました。

このアプリは、1秒間に5枚の写真を撮影し、その連続写真をオートリバースするというとてもシンプルな無限ループアプリです。

このように、徐々に無限ループ系動画コンテンツの主流の波が押し寄せてきている感じがあります。

この波はYouTubeも無視できなかったということなのでしょうか?


Read More

ホームページに動画コンテンツを置くことは有効なのか
6年 ago

ホームページに動画コンテンツを置くことは有効なのか

ずいぶん攻撃的なタイトルをつけてしまいました。 すみません。

最近、クライアント様より「動画ってどうなのよ?」と聞かれる機会が多かったもので、少しまとめてみたいと思います。 尚、この記事に出てくる数字は、動画コンテンツを埋め込んだ弊社クライアントのアクセス解析データを基にしています。 あくまで、一例としてご覧ください。

—–

■ そもそも動画は静止画より上位に位置するのか?

あえてネガティブな情報から記載します。

動画コンテンツを埋め込んだにもかかわらず悲惨な結果になった例は、以下の2つでした。 1.1分以上の動画 2.スマートフォン向けのサイトでの動画 上記二つは動画の時間より圧倒的に滞在時間が短く、サイトの趣旨を阻害しているとすら言える結果となりました。 正直、要点をテキストで記載したほうが何倍もよかったかもしれません。

おそらく「動画を閲覧する」というフローは、普通にテキストを読んだり画像を読むよりハードルが高く、それだけの価値を伝えないとなかなか見てはくれないという事なのでしょう。 また、通信環境や音を出せない環境など、外的要因の影響も多く、つまらない(必要ない)動画は早々にドロップしてしまうのかもしれません。

Googleが提供する動画マニュアルも、「動画視聴中の離脱率について、どんなに中身の良い動画でも開始15秒で1/2が離脱し、30秒では2/3が離脱すると言われており、15秒~30秒の間が、ユーザーがそのまま視聴し続けるか、離脱するかを分かつ最重要ポイントである」と言っています。

ソース:https://support.google.com/youtube/answer/1715160?hl=ja

つまり、ただテキストでも表示できる情報を、わざわざ動画に仕立てる、というのは有効でない可能性がありますね。 十分に注意しましょう。

■ では動画を作るメリットとは何なのか?

動画の最大のメリットは、視覚的に情報を伝えられるという点です。 「A→B→C→A~Cが合体」みたいなPowerPointのエフェクトを利用したスライドショーをよく見る機会があると思います。

このような複雑な説明や、例えば細胞が分裂して増えていく様子、またBefore・Afterの微妙な変化、など絵を2枚並べただけではわかりにくいコンテンツは、動画を使うメリットがあります。

また、例えばスポーツシーンで、とにかく凄いサッカーのシュートなど事象自体に強烈なインパクトを持つものも動画の意義があります。

■ 結局、動画は必要なの?

結論から言うとケースバイケースですが、一例としては「情報はテキストと画像で表示し、補完材料として動画も置いておく」というケースが一番効果が出ました。


Read More