Image

LINE

LINEがブログサービス「LINE BLOG」を一般提供開始。SNS時代の新ブログサービスの特徴とは。
4年 ago

LINEがブログサービス「LINE BLOG」を一般提供開始。SNS時代の新ブログサービスの特徴とは。

こんにちは。CocoaWEBディレクターの中島です。

今日は、LINEを運営するLINE株式会社より2016年11/4に一般向けリリースされたばかりの「LINE BLOG」について簡単にご紹介していきたいと思います。

そもそも「LINE BLOG」は2年前の2014年11月より著名人・有名人のみで開始されたサービスでした。有名どころでいうと、サッカー選手の香川真司さんや、モデルで今ブレイク中のりゅうちぇるさんなどがブログを公開しています。

一般的なブログと同じで、検索エンジンで「香川真司 ブログ」などと検索して検索に出てくるブログを閲覧する、いわゆる従来型のブログサービスです。

世の中に無料ブログサービスは非常に多くありますが、

・Ameba Blog ・Livedoor Blog ・FC2 Blog ・Hatena ・SeeSaa

あたりが有名でしょうか。

このうち、老舗のLivedoor Blogは同じLINE株式会社の運営です。すでにブログサービスのノウハウは十分にあったといえますね。

モバイルを重視したインターフェース

筆者は上記にある大手ブログサービスのアカウントをすべて取得し運用したことがありますが、もともとのシステムが古いせいか、今のモバイルデバイスでは投稿しづらかったり等インターフェースが限界にきている感があります。

LINE BLOGは投稿用アプリが新しくリリースされたのもあり、近代的なシンプルなインターフェースとなっています。 WordPressのインターフェースに非常によく似ています。

動画投稿などもスマホで撮影した写真を、簡単に最適化してアップすることを前提に作られているように感じます。 さらに、使用頻度の低い高度な機能は排除し、シンプルに運用しやすいデザインとなっています。

シンプルだけど美しさを。ウェブフォントが標準搭載。

LINE …
Read More

まだメール使ってます?社内コミュニケーションもLINEの時代か。
4年 ago

まだメール使ってます?社内コミュニケーションもLINEの時代か。

こんにちは。Cocoaウェブデザイナーの中島です。

先日、こんなブログをみました。共感することも多かった記事です。

最近、会社の連絡でLINEが使われる機会が増えてきたようです。そりゃあスマホ間での連絡はLINEが市民権を獲得しています。ビジネスマン同士でもLINEで連絡を取ることも多いでしょう。

その記事にあったのは、「欠勤の連絡はLINEで良いのか?」という内容でした。

「すみません。今日は体調不良のため会社休みます」という感じのメッセージを上司にLINEで送る。是か非か。

記事についているコメント欄は大荒れでしたが、半数以上が「非」の意見でした。

・欠勤連絡は電話ですべき

・LINEとかメールは相手をなめてる

・本当に体調不良なのか確認できない

こんな意見が多くみられました。マナーの問題を指摘する声が多かった印象です。

肯定的な意見では、

・体調不良では声が出ないかもしれない

・上司もいちいち電話に出てるほど暇じゃない

・連絡したという記録が残るほうが良い

ふむふむ。記録に残ったほうが良い、というのは理解できます。

一方、電車遅れなどによる遅刻に関する連絡ではLINEによる連絡を肯定する意見が多くみられました。

主な理由は、

・相手も通勤中の時間帯であり電話に出られないから

という意見が見られました。

やはり世の中はまだまだ

対面>電話>メール>メッセージアプリ

というマナー図式が成り立っているようです。

メールによる連絡は見逃しやすい

一方でこんな経験はありませんでしょうか?

・メールボックスがたまりすぎて、メールによる連絡を見逃した

・メールで誰かに連絡したけど、返事がなくて相手が読んだか不安

メールを使っていれば大体ある経験かと思います。

そもそもメールが行ってない、なんてケースもありそうです。

こんな場合は、LINEなどによる「既読」機能が力を発揮しますね。

LINEがビジネス専用アプリをリリースしている …
Read More

【LINE対応】WordPressで簡単にOGP設定をする方法
4年 ago

【LINE対応】WordPressで簡単にOGP設定をする方法

OGP設定をご存知でしょうか?

OGP設定とはOGPとは「Open Graph protocol」の略称です。

FacebookやTwitter、Google+など皆様もよく使うSNSやメッセージアプリで、ウェブサイトやブログ記事がシェアされた際にどのように表示させるかを制御するための設定です。

2015年12月より、LINEでもURLメッセージを投稿した際にサムネイルが表示されるようになりました。

 

シェアされた時に出てくる内容によって当然クリック率も変わってきます。少しでも魅力的に、内容に沿った画像や要約文を表示させることで劇的に効果を変えることができます。

SNSの重要性や普及が高まるにつれて、このOGP設定の重要性も比例して上がってきています。

 

OGP設定のルール

OGP設定の記述ルールは非常にシンプルです。

<head>~</head>内に以下の記述をするだけです。

<meta property=”og:title” content=”記事のタイトル” /> <meta property=”og:type” content=”article” /> <meta property=”og:description” content=”記事の説明” /> <meta property=”og:url” content=”記事のURL” /> <meta …
Read More

サービス開始から6か月。「LINE ショップカード」の導入はしてますか?
5年 ago

サービス開始から6か月。「LINE ショップカード」の導入はしてますか?

LINE@の機能として公開されたLINEショップカード機能、貴社は利用しているでしょうか?

サービス開始から6か月。街を歩いていてもまだそれほど普及してきている感じはありませんが、チラシみたいなものは店内に見かけるようになってきました。

財布の中がポイントカードでパンパンになるのが嫌な筆者はもっと導入が進んでほしいと思っています。

 

LINE ショップカードとは

今さらながらLINE ショップカードの説明をすると、LINEでお店の公式アカウントと「友達」になることで、従来のショップポイントカードなどと同じようにスタンプをためることができる機能です。

カードのポイントは、LINE@アプリでポイント付与専用のQRコードを発行し、発行したQRコードを、お店に来店したお客様のLINEで読み取ってもらうことで付与します。

ですので、500円購入時に1ポイントのような付与方法はできず、「来店ポイント」付与のみのサービスです。

お店の位置情報(住所情報)をQRコードに設定することができ、来店しないとQRコードを読み取ることができないという不正防止用の設定も可能です。

また、「友達」になることが必須のため、企業サイドから告知をプッシュ通知することが可能です。

「本日20%OFF!キャンペーン」などと通知できるため、来店促進もできます。

アプリケーションの管理は、「LINE@」(LINEの企業管理アカウント)より簡単に可能です。現在の付与状況の統計なども表示できます。

なお、利用はユーザー、配信企業ともに無料です。

 

馬鹿にならないポイントカード作成コストと有効期限切れを防ぐ

ポイントカード導入企業はわかるかと思いますが、ポイントカードを作成する費用も馬鹿になりません。

高ロットで作成しないと、1枚当たりのコストが20~30円してしまうこともしばしば。 そのうえでお客さんが持ってくるのを忘れてしまって再発行などとなれば目も当てられません。

また、各カードごとに有効期限を印字するのもひと手間です。

特典内容を変更しようと思っても、たくさん刷ってしまったあとでは変えられません。。。

ユーザーから見た時も、財布を整理しているときに有効期限切れのショップカードが大量に出てくることはよくあることです。

無残に捨てられていくポイントカード。捨てられた後はお店を思い出すこともありません。地球にも経営者にもやさしくない。

こんな状況はLINE ショップカード導入によって幾分かマシになるでしょう。

 


Read More

日本でも流行る?海外で急成長を続ける電子送金システム「M-PESA」(エムペサ)とは?
5年 ago

日本でも流行る?海外で急成長を続ける電子送金システム「M-PESA」(エムペサ)とは?

M-PESA(エムペサ)って何?

近年、LINE PAYをはじめとした海外送金技術が話題になっていますが、M-PESAというサービスをご存知でしょうか?

M-PESAはケニアの携帯電話会社であるSafaricomと、ケニアの大手銀行が運営する携帯電話プラットフォームを利用した電子マネーサービスで、2007年に誕生しました。

Safaricomの提供するシステムを利用し、SMSだけで銀行口座を持たずに預金・送金・引き出しといった電子取引が可能で、銀行窓口ではなく各地にある取次店で現金の入出金が可能というサービスです。

特徴としては、インターネット回線を必要とせず、携帯電話通信のみで成立します。 また個人特定情報はSimカードで管理されているので、何人かで1つの携帯電話を持っていればSimカードの差し替えで複数人が金融取引が可能です。

また、仮にSimカードが盗難にあっても旧カードの停止とともに再発行が可能。強盗対策にもなります。

デポジット(預けた)お金からしか決済ができないので、個人の信用審査は必要ありません。デビットカードに近い特徴があります。

このような特徴から、銀行口座なくして貧困層が少額取引をリアルタイムで行うことができるようになり、クレジットカード取引の文化のない発展途上国で爆発的に普及してきています。

サービスの生まれはケニアでしたが、現在ではアフリカを中心とした発展途上国で多く使われ、ケニアでは実に人口の5割もの方が利用しているそうです。

また、給与の支払いなどにも利用されてきており、M-PESAに限らず、簡易で信用審査の必要ないシンプルな電子取引サービスは世界的に重要な位置づけになってきています。

 

時代を変えていく「FinTech」。

FinTechは、ここ数年一部の業界で有名になりつつある言葉です。

FinTechとはそもそもファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)をあわせた造語です。 金融を最新テクノロジーを利用して便利にしていこう、ということですね。

一概にFinTechといってもその言葉が補う範囲は広く、上記のM-PESA、LINE PAYのような取引型のものから、マネーフォワードやFreeeといった財務・資産管理型のものがあり、従来のクレジットカード決済もその一部です。

しかし、先進国の金融取引が飽和しつつある今、各企業は発展途上国の市場に目を向けています。

そこで、今までは無視されてきていた発展途上国の小口取引が注目されるようになった、というわけです。

そんな中、すぐに現金化でき、多数の個人を抑えているFinTechの大成功例、M-PESAのモデルは他のビジネスも学ぶところがあります。

 

日本でも簡易電子取引サービスは普及するのか?

日本でもサービスが開始している「LINE PAY」はまさにM-PESAのモデルの長所を取り入れたサービスといえます。

クレジットカードを所持していなくても、個人のアカウントへコンビニや銀行口座などから直接チャージが可能。 また、LINEアカウント同士で送金、入出金が可能です。


Read More