Image

ちょっと一息

恵方巻からみる、ブームを作るための戦略の共通点
3年 ago

恵方巻からみる、ブームを作るための戦略の共通点

さて、節分の季節がやってまいりました。

鬼はそと、福はうち! 豆を投げた後は、家族で縁起のいい方角を向いて恵方巻をほおばる・・・。

いまや節分では当たり前となったであろうこの風景。

このブログをご覧になっている方は、子供の頃節分に恵方巻を食べたでしょうか?

少なくとも、20代後半以上の方は経験が少ない方が多いのではないでしょうか。

それもそのはず。恵方巻は、もともと西日本の風習としてはありましたが、庶民に広まったのは1998年、セブンイレブンが2月の売り上げ促進のためにマーケティングとして取り入れたものだったのです。これは、結構有名な話ですね。

2月はバレンタインデー、3月はホワイトデー、夏には土用の丑の日で鰻。 秋にはハロウィン(これも最近ですね)、冬にはクリスマス。

もはや、ハロウィンの経済効果はクリスマスを上回っているそうです。素晴らしいマーケティングですね。

Googleトレンドで恵方巻を検索してみると、

順調すぎるくらい右肩上がりです。認知度もまだまだ向上中なんですね。

さて、上記にあげた定着した(定着しつつある)季節イベントの傾向はいくつかの共通点があります。

(1) 伝統がある

もともと国内・国外問わずどこかで行われていたイベントであること

(2) 最初に始めた会社だけでなく、他が便乗する

恵方巻に関しても、いまやファミマ、ローソン、街の寿司屋ですら販売しています

(3) 比較的便乗しやすい

がっちり著作権などでキープされているものではなく、参入障壁が低い(パクりやすい)

この件からわかることとして、ブームを作るときは自社の力だけでなくみんなが便乗することで大きな経済効果を生むという事がわかります。

ハロウィンのコスプレイベントなどは非常にわかりやすい例ですね。

とりあえず、ドン・キホーテや通販でコスプレグッズを購入し、バーや町で大騒ぎ。みんなが便乗しやすいイベントに仕上がっています。

もはや”Trick or Treet?”は原型すら残していません。

ビジネスで売り上げのてこ入れをしたいのだけど、毎年同じイベントや値下げキャンペーン以外の手段を探している。。なんていう場合はぜひ参考にしてみてください。


Read More

ハロウィンの人気はもう終わり!?Web的に分析してわかったこと
3年 ago

ハロウィンの人気はもう終わり!?Web的に分析してわかったこと

2015年の時点で市場規模が1220億円を超え、バレンタインを上回りクリスマスに次ぐ記念日として日本でも秋のイベントとして定着しつつあるハロウィン。

今年、2016年も渋谷には若者を中心に大勢の仮想を楽しむ人々が集まりました。

ただ、今年は2015年と比べるとそれほど盛り上がっていないのでは?などという記事もちらほら見ました。

特に10月最後の金曜日である10/28(金)はあいにくの雨模様でしかもかなり気温が低く寒かったということもあり、確かに仮想している人を見かけることはほとんどありませんでした。

本当に、ハロウィンは日本で盛り上がっているのか?

ということで、Web業界の企業らしく”ハロウィン”をITのツールを用いて分析してして、ハロウィンの日本での盛り上がりの真相に迫ってみたいと思います!

分析結果(1)検索されるのはほぼ9月と10月のみ

まずはおなじみのGoogleキーワードプランナー。

対象の言語と地域を日本に設定して”ハロウィン”というキーワードを調べたところ、まずダントツで10月に検索されています(下図参照)。

平均月間検索ボリュームは800万回弱と、かなり多いですね! 9月にも200万回ほど検索されているようです。

ただ、それ以外だと7月と11月に少し検索されるくらいの様です。 それだけ季節感のあるイベントとして定着しているということではないでしょうか。

人気の”ハロウィンの”関連キーワードは…?

Googleキーワードプランナーを使うと知りたくなるのが関連するキーワードでどんなキーワードが人気があるのか、ということ。

”ハロウィン”の場合は、衣装に関するキーワードが、広告を出稿するキーワードとして人気の様です。

日本ではハロウィン=仮装となっているので、納得の結果ですね…!

”ハロウィン”の人気はいつから上がり始めたのか?

こんな疑問に答えられるツールと言えば、Googleトレンドですね!

”ハロウィン”をGoogleトレンドで調べてみたところ、下図のようになりました。

trends.embed.renderExploreWidget(“TIMESERIES”, {“comparisonItem”:[{“keyword”:”ハロウィン”,”geo”:”JP”,”time”:”all”}],”category”:0,”property”:””}, {“exploreQuery”:”date=all&geo=JP&q=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3″,”guestPath”:”https://www.google.co.jp:443/trends/embed/”});

2011年から、急激に検索数が伸びています…!

そして渋谷に歩くのも困難になるほどの仮装した人が集まり、メディアの注目を浴びたのが2015年で、なるほど2015年は最も高い検索数を記録しています。

2015年と比べると、2016年は検索数では4分の3ほどの数値に落ち着いています。先ほどのGoogleキーワードプランナーの数値と照らし合わせると、今年の”ハロウィン”の検索数は600万回程度でしょうか。


Read More

ウェブ系営業マンが持っててよかったと思う5つのアイテム
3年 ago

ウェブ系営業マンが持っててよかったと思う5つのアイテム

こんにちは。Cocoaウェブディレクター兼営業の中島です。

最近社内の組織変更に伴い、外出して顧客先へ伺う機会が以前より増えました。

そこで、普段私が持ち歩いていて、「持っていてよかった!」営業マンツールを一部ご紹介しようと思います。

もちろん、名刺入れとかスマホとか財布とか当然のように持ち歩いているものは含んでいませんよ。

① ディスプレイクリーナー

携帯用のディスプレイクリーナーは常備しています。

お客様先で見せるタブレットorPCの画面が汚いとわくわく感も半減。 色も曇ってしまい、デザインも伝わりにくくなってしまうかも。

乾いた布タイプのクリーナーもありますが、濡れタイプは使い捨てもでき、緊急時にはワイシャツやスーツの汚れとりとしても使えて便利です。タイプによってはキーボードにも使えますよ。

② 携帯カイロになるモバイルバッテリー

寒い季節になってくると役に立つのがこれ。

携帯カイロとして利用できるモバイルバッテリーです。 寒い季節に公共交通機関を待っているときなどに持っててよかった!と思います。

もちろん、緊急時にスマホを充電もできていう事なしです。

③ 超小型電気シェーバー

これさえあれば、寝坊ギリギリでもなんとかなります。 USB充電タイプであれば、尚よし。駅のトイレでサクッと髭剃りが可能です。

髭の濃い方なら夕方にもうひと剃りもできます。本当はモバイルバッテリーにもなれば最高なんですけどね。

④ 超軽量カーボン折りたたみ傘

近年は、超軽量の折りたたみ傘が登場しているのをご存知でしたか?

なんとカーボン素材の折りたたみ傘が出ています。しかも、広げると十分男性サイズ。 値段も3,000円~5,000円くらいと比較的手ごろです。


Read More

祝”PS VR”発売!今さら聞けない”VRの基本”まとめ
3年 ago

祝”PS VR”発売!今さら聞けない”VRの基本”まとめ

今週の木曜日、10月13日にPlaystation4向けのVRコンテンツを楽しむための追加デバイスである”PS VR”が発売されました。

事前予約を募集するたびに即予約枠が売り切れとなり、発売前から話題となっていた”PS VR”。 ニュースなどで目にした方も多いのではないでしょうか?

この記事では、”PS VR”発売でがぜん盛り上がる”VR”を理解するために必要な基本的な知識を解説します!

そもそも”VR”って何?

”VR”は、Virtual Reality(バーチャル リアリティ)の略で、日本語だと”仮想現実”もしくは”人口現実感”などと訳されます。 3Dとの違いは、視線を360°自由に動かすことが可能な点で、より没入感のある体験ができることです。

現在”VR”市場は様々なメーカーからVR対応デバイスやコンテンツが開発されており、話題の”PS VR”はSONYから発売されたPlaystation4向けのVR対応デバイスで、対応コンテンツも豊富に揃い、さらに税抜きで44,970円という価格に対して提供されるコンテンツの質が非常に高いことからも、発売前からユーザーの間で大きな期待を寄せられていました。

”PS VR”で、何ができるの?

”PS VR”は、VRゴーグルやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれるゴーグルとヘッドフォンやイヤフォンを頭部に装着し、Playstation4と接続することによりVRコンテンツを楽しむことができます。

それにより、視線を360°自由に動かすことのできるVRコンテンツを楽しむことができます。

座って操作することを前提に設計されており、ゲーム内の操作はPlaystation4付属のコントローラーか、Playstation Moveと呼ばれる別売りのコントローラーなどで操作します。

”PS VR”以外でVRを安く楽しむ方法

費用対コンテンツの質という意味で素晴らしい実力をもつVR対応デバイス”PS VR”ですが、残念ながらその人気に生産が追いついておらず、”PS VR”の購入を希望するユーザー全員にはいきわたっていないのが現状です。

また、本格的なVRコンテンツを楽しめるデバイスにしては安いとはいえ、44,970円(税抜)という価格は普通に考えるとちょっと高めの金額なのも事実です。

実はVRを楽しむ方法は”PS VR”以外にもたくさんあり、iPhoneかAndroid搭載スマートフォンがあれば、二〜三千円の抑えめな出費で楽しむこともできるんです。


Read More

まだメール使ってます?社内コミュニケーションもLINEの時代か。
3年 ago

まだメール使ってます?社内コミュニケーションもLINEの時代か。

こんにちは。Cocoaウェブデザイナーの中島です。

先日、こんなブログをみました。共感することも多かった記事です。

最近、会社の連絡でLINEが使われる機会が増えてきたようです。そりゃあスマホ間での連絡はLINEが市民権を獲得しています。ビジネスマン同士でもLINEで連絡を取ることも多いでしょう。

その記事にあったのは、「欠勤の連絡はLINEで良いのか?」という内容でした。

「すみません。今日は体調不良のため会社休みます」という感じのメッセージを上司にLINEで送る。是か非か。

記事についているコメント欄は大荒れでしたが、半数以上が「非」の意見でした。

・欠勤連絡は電話ですべき

・LINEとかメールは相手をなめてる

・本当に体調不良なのか確認できない

こんな意見が多くみられました。マナーの問題を指摘する声が多かった印象です。

肯定的な意見では、

・体調不良では声が出ないかもしれない

・上司もいちいち電話に出てるほど暇じゃない

・連絡したという記録が残るほうが良い

ふむふむ。記録に残ったほうが良い、というのは理解できます。

一方、電車遅れなどによる遅刻に関する連絡ではLINEによる連絡を肯定する意見が多くみられました。

主な理由は、

・相手も通勤中の時間帯であり電話に出られないから

という意見が見られました。

やはり世の中はまだまだ

対面>電話>メール>メッセージアプリ

というマナー図式が成り立っているようです。

メールによる連絡は見逃しやすい

一方でこんな経験はありませんでしょうか?

・メールボックスがたまりすぎて、メールによる連絡を見逃した

・メールで誰かに連絡したけど、返事がなくて相手が読んだか不安

メールを使っていれば大体ある経験かと思います。

そもそもメールが行ってない、なんてケースもありそうです。

こんな場合は、LINEなどによる「既読」機能が力を発揮しますね。

LINEがビジネス専用アプリをリリースしている …
Read More