Image

ニュース

LINEがブログサービス「LINE BLOG」を一般提供開始。SNS時代の新ブログサービスの特徴とは。
4年 ago

LINEがブログサービス「LINE BLOG」を一般提供開始。SNS時代の新ブログサービスの特徴とは。

こんにちは。CocoaWEBディレクターの中島です。

今日は、LINEを運営するLINE株式会社より2016年11/4に一般向けリリースされたばかりの「LINE BLOG」について簡単にご紹介していきたいと思います。

そもそも「LINE BLOG」は2年前の2014年11月より著名人・有名人のみで開始されたサービスでした。有名どころでいうと、サッカー選手の香川真司さんや、モデルで今ブレイク中のりゅうちぇるさんなどがブログを公開しています。

一般的なブログと同じで、検索エンジンで「香川真司 ブログ」などと検索して検索に出てくるブログを閲覧する、いわゆる従来型のブログサービスです。

世の中に無料ブログサービスは非常に多くありますが、

・Ameba Blog ・Livedoor Blog ・FC2 Blog ・Hatena ・SeeSaa

あたりが有名でしょうか。

このうち、老舗のLivedoor Blogは同じLINE株式会社の運営です。すでにブログサービスのノウハウは十分にあったといえますね。

モバイルを重視したインターフェース

筆者は上記にある大手ブログサービスのアカウントをすべて取得し運用したことがありますが、もともとのシステムが古いせいか、今のモバイルデバイスでは投稿しづらかったり等インターフェースが限界にきている感があります。

LINE BLOGは投稿用アプリが新しくリリースされたのもあり、近代的なシンプルなインターフェースとなっています。 WordPressのインターフェースに非常によく似ています。

動画投稿などもスマホで撮影した写真を、簡単に最適化してアップすることを前提に作られているように感じます。 さらに、使用頻度の低い高度な機能は排除し、シンプルに運用しやすいデザインとなっています。

シンプルだけど美しさを。ウェブフォントが標準搭載。

LINE …
Read More

【大変更の予感】Googleインデックスが、モバイルファーストへ。
4年 ago

【大変更の予感】Googleインデックスが、モバイルファーストへ。

おはようございます。Cocoaウェブディレクター中島です。

11/5、Googleのウェブマスター向け公式ブログにて、興味深い投稿がありましたので、個人的な見解を少し述べていきたいと思います。

今回のGoogleの発表は、モバイルフレンドリー化がガンガン進んでいる今のウェブサイト業界の流れをさらに加速し、コンテンツマーケティングの考え方も変化してしまうほど、大きな変更だと思います。

従来のインデックスの仕組み

そもそも、従来のGoogle検索エンジンのインデックス(登録)システムはPC版ブラウザ向けのコンテンツを読み取って、検索キーワードとの関連性を評価していました。

AからEのコンテンツがあるウェブサイトで、PC版ではAからEのすべてを表示していて、モバイル版のページではBとCは表示されないページ(A、D、Eのみ表示)の場合でも、検索順位はA~Eが評価されて決定していました。

その上で、デザインがモバイルデバイスに最適化されている場合や表示速度が早くモバイルフレンドリーな場合はさらに、加点評価するよといった感じです。

これだけモバイル化が進んでいても、インデックスを決定する際のコンテンツの関連性においては、PC版のコンテンツが重視されていたため、PC版サイトはそれなりの重要性をもっていました。

今回のGoogleの変更

モバイル ファースト インデックスに向けて (Googleウェブマスター向け公式ブログ)

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

以下、引用文青字です。

”最近では、Google 検索を使用しているほとんどのユーザーは、モバイル端末から検索を行うようになりました。しかし依然として、Google のランキング システムは、主にデスクトップ版のコンテンツを用いてユーザーとの関連性を評価しています。この方法では、モバイル版のページのコンテンツがデスクトップ版のページのそれよりも少ないケースにおいて、問題が発生します。なぜなら、モバイル検索ユーザーが実際に見ているページを Google のアルゴリズムは評価していないからです。”

“そこでユーザーにとってさらに価値ある検索結果を提供するために、Google ではモバイル ファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています。Google 検索のインデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。もちろん、Google のインデックスがモバイル版のコンテンツで形成されるようになっても、デスクトップ端末かモバイル端末かに関わらず、すべてのユーザーに素晴らしい検索体験を提供し続ける点は変わりません。”


Read More

ハロウィンの人気はもう終わり!?Web的に分析してわかったこと
4年 ago

ハロウィンの人気はもう終わり!?Web的に分析してわかったこと

2015年の時点で市場規模が1220億円を超え、バレンタインを上回りクリスマスに次ぐ記念日として日本でも秋のイベントとして定着しつつあるハロウィン。

今年、2016年も渋谷には若者を中心に大勢の仮想を楽しむ人々が集まりました。

ただ、今年は2015年と比べるとそれほど盛り上がっていないのでは?などという記事もちらほら見ました。

特に10月最後の金曜日である10/28(金)はあいにくの雨模様でしかもかなり気温が低く寒かったということもあり、確かに仮想している人を見かけることはほとんどありませんでした。

本当に、ハロウィンは日本で盛り上がっているのか?

ということで、Web業界の企業らしく”ハロウィン”をITのツールを用いて分析してして、ハロウィンの日本での盛り上がりの真相に迫ってみたいと思います!

分析結果(1)検索されるのはほぼ9月と10月のみ

まずはおなじみのGoogleキーワードプランナー。

対象の言語と地域を日本に設定して”ハロウィン”というキーワードを調べたところ、まずダントツで10月に検索されています(下図参照)。

平均月間検索ボリュームは800万回弱と、かなり多いですね! 9月にも200万回ほど検索されているようです。

ただ、それ以外だと7月と11月に少し検索されるくらいの様です。 それだけ季節感のあるイベントとして定着しているということではないでしょうか。

人気の”ハロウィンの”関連キーワードは…?

Googleキーワードプランナーを使うと知りたくなるのが関連するキーワードでどんなキーワードが人気があるのか、ということ。

”ハロウィン”の場合は、衣装に関するキーワードが、広告を出稿するキーワードとして人気の様です。

日本ではハロウィン=仮装となっているので、納得の結果ですね…!

”ハロウィン”の人気はいつから上がり始めたのか?

こんな疑問に答えられるツールと言えば、Googleトレンドですね!

”ハロウィン”をGoogleトレンドで調べてみたところ、下図のようになりました。

trends.embed.renderExploreWidget(“TIMESERIES”, {“comparisonItem”:[{“keyword”:”ハロウィン”,”geo”:”JP”,”time”:”all”}],”category”:0,”property”:””}, {“exploreQuery”:”date=all&geo=JP&q=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3″,”guestPath”:”https://www.google.co.jp:443/trends/embed/”});

2011年から、急激に検索数が伸びています…!

そして渋谷に歩くのも困難になるほどの仮装した人が集まり、メディアの注目を浴びたのが2015年で、なるほど2015年は最も高い検索数を記録しています。

2015年と比べると、2016年は検索数では4分の3ほどの数値に落ち着いています。先ほどのGoogleキーワードプランナーの数値と照らし合わせると、今年の”ハロウィン”の検索数は600万回程度でしょうか。


Read More

終わりの始まり…?Googleのhttps未対応サイトへの対応がさらに厳しく
4年 ago

終わりの始まり…?Googleのhttps未対応サイトへの対応がさらに厳しく

世界シェア、日本シェアともにNo.1のブラウザー、Googleクローム。 検索最大手のGoogleが提供するブラウザーです。

仕事でも、プライベートでもGoogleクロームを愛用している方は多いと思います。 かくいう私もその一人です。

そんな多くのユーザーに使われているGoogleクロームの仕様に変更があると、大きな影響があることは想像にかたくありません。

そのGoogleクロームで、来年1月からhttp接続のWebサイトで、パスワードやクレジットカードの入力フォームがあるWebサイトを閲覧した際、”Not secure(安全ではない)”と、下記画像の様にアドレスバーに表示される様になる変更が実施されます。

これは、近年Googleが推進している、http接続のWebサイトをhttps接続に変更することを推進する取り組みの一環ということです。

さらに、Googleクロームのシークレットモード(通常のGoogleクロームでの閲覧より、よりプラバシーが保護された状態でWeb閲覧ができるGoogleクロームの機能)を使いユーザーがWebサイトを閲覧した際、そのWebサイトがhttp接続のWebサイトだった場合、下記画像の様な、さらにユーザーの危機感をあおる表示が行われる様になるとのこと。

赤い”Not secure”の文字と、!マーク付きの赤い三角マーク。 こんな文字が自分が見ているWebサイトのアドレスバーに表示されていたら、ぎょっとしますよね。

しかもこの仕様変更、当初はGoogleクロームのシークレットモードでの閲覧時だけで実施されますが、今後はシークレットモードを仕様していなくとも、全てのhttp接続のWebサイトを閲覧した際に表示される様に変更が漸進的に実行されていく様です。

http接続を無くそうというGoogleの強い意思を感じる仕様変更

個人的に、Googleは今回の仕様変更を皮切りに、本気でhttp接続のWebサイトを無くしていこうと本腰を入れはじめたと感じました。

Googleは以前からhttp接続をhttps接続に変更するように推奨してきたましたが、あくまで業界の人間にむけて、こんなhttps接続はメリットがあるとか、http接続にはこんなデメリットがあるからといった情報提供がメインでした。

その情報は、業界の人間にとっては例えばWebサイトの検索順位に影響があるなど重大な面も多かったのですが、一般のユーザーには関係のない情報ばかりでした。

そんなGoogleが、今回はついに一般のユーザーにも影響のある仕様変更を行うのです。

今までhttps接続への変更がなされていなかったWebサイトも、これではhttps接続へ変更せざるを得なくなるでしょう。

電通広告費過剰請求問題、広告会社とクライアントはどうあるべきか
4年 ago

電通広告費過剰請求問題、広告会社とクライアントはどうあるべきか

こんにちは。Cocoaウェブデザイナー、広告担当中島です。

さて、Web業界、広告業界に携わる皆様にとって衝撃的なニュースが飛び込んできました。

大手広告代理店・電通は9月23日、緊急の記者会見を開き、インターネット上の広告掲載をめぐって、虚偽報告など、不正な取引があったことを認めた。対象は111社、その中にはトヨタ自動車など大手企業も含まれ、総額は2億3000万円に達する。ネット広告関係者の間では「業界に不透明な取引が横行していることが背景にある」と声が上がっている。

(引用元)電通の「不正取引」告白が照らした、インターネット広告業界の深い闇 / BuzzFeedJapan

簡単に言うと、インターネット広告出稿の代理業務の中で、閲覧数やクリック数など請求のもとになるデータをクライアントに虚偽報告。不正に請求を行ったという事です。

記者会見の内容がすべて真実だとすれば、これは紛れもなく詐欺行為です。

さて、同様にインターネット広告を扱う弊社としても、業界全体に蔓延する不信感を避けては通れないでしょう。

今回の事件で最も悪い点は

インターネット広告は、不特定多数のインターネットユーザーに向け広告を配信します。

報酬制度は多々ありますが、ほとんどが成果報酬の物であり、表示回数やクリック数により報酬が決定されます。

また、広告の配信価格は広告代理店同士の自動化されたアルゴリズム入札によって決定されるため、配信単価も一定ではありません。

つまり、価格は代理店が提出するレポートによって決められます。

例えば、GoogleAdWordsの場合、クライアントがGoogleAdWordsの管理画面を見ることで「原価」はわかりますが、管理画面自体も非常に複雑であり、広告へ精通している社員を擁していない場合は「原価」をチェックするのも一苦労でしょう。

※ここで言う「原価」とは広告費の事であり、代理店手数料は含まれていません。

つまり、ほとんどのケースではクライアント様は広告代理店を信用し、請求金額をお支払いしているのが現状だと思われます。

電通も同様でしょう。

今回のケースは、信用して取引をしてくださっているクライアント様を一方的に裏切った、という構図なのです。

非常に悪質、かつ今後の信頼回復には非常に時間がかかるでしょう。

代理店の不正を防ぐためには

・代理店にレポートの定期的な提出を依頼する

・改ざんができないように広告管理画面からエクスポートしたPDFでの提出をさせる

・クライアント様側もレポートを保存する

・可能であれば管理画面の閲覧権限を要求する

これで完全に防げるとまでは言いませんが、「チェックしてるぞ」という意思表示をすることで悪質な請求や不正運用は防げるのかもしれません。

ほぼすべての広告運用ツールは、管理画面から運用レポートをPDFで吐き出すことが出来ます。

非改ざんレポートの提出を要求すれば、今回のような改ざん報告は防ぐことが出来るでしょう。

業界全体での透明化を …
Read More