Image

インターネット広告

著作権切れコンテンツを加工してWebサイトのバナーなどに使っていいのか?
4年 ago

著作権切れコンテンツを加工してWebサイトのバナーなどに使っていいのか?

「ブラックジャックによろしく」の作者である佐藤秀峰さんが、2012年に「ブラックジャックによろしく」に関する知的財産権利をフリー化し、二次創作や自由加工による商用利用を認めたのは記憶に新しいところです。

「ブラックジャックによろしく」の場合は、比較的新しいコンテンツが自由化されたのでインターネット上にもその漫画の加工画像がたくさんあふれました。

※「ブラックジャックによろしく」は著作権を放棄したわけでなく、利用をフリー化しているだけです。

著作権の保持期間は、作者の判明しているものであれば、作者の死後50年、誰が著作権者かわからないものや、団体が発表した著作物の場合は発表後50年、映画に限り公表後70年(2003年以前に保護期間が完了した作品については公表後50年)となっています。

つまり、われわれの生きている2016年現在、どんどん過去の映像作品やキャラクターが著作権切れになっていきます。

当然、「ブラックジャックによろしく」のように有名なコンテンツを二次利用し、面白いコンテンツを作成していくのはクリエイターとしては有効な手段となります。

では、著作権切れしたコンテンツを加工して、バナーなどとして自社のウェブサイトに利用していくのは問題ないのでしょうか?

今日は法律の観点から考えてみたいと思います。

 

著作権切れしたコンテンツをホームページに使ってもいいのか。加工は許されるのか。

かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画、モナリザの画像をホームページにそのまま載せるのはいいのでしょうか。

これは原則OKです。レオナルド・ダ・ヴィンチは1519年に死亡しています。著作権保持期間が過ぎていますので、自由に利用をしてOKです。

このような著作権切れしたコンテンツを、「パブリック・ドメイン」と呼びます。

では、モナリザの目を赤くして、実はヴァンパイア(吸血鬼)だったというパロディ画像を作成し、公開するのはOKなのでしょうか?

先に答えを言うとOKです。

しかし、作品を改変した場合は、著作権だけでなく、著作者人格権という権利の中の「同一性保持権」という内容に抵触します。

同一性保持権とは、『作者の意を害す』改変を禁ずる権利です。作者がモナリザを書く上で見る人に与える意図した印象を変えてはならないという事です。

この権利は、作者の没後、孫の代の遺族までが訴える権利を持ちます。

モラルなどの面を考慮しなければ、孫の代はすでにお亡くなりになっているため自由改変をしたところで訴えられることはありません。

ですので、モナリザは世界中に多くのパロディが存在します。

 

また、細かいようですが、誰かが撮影したモナリザの画像を改変するのは問題があります。

撮影対象がモナリザであっても、改変前の画像の著作権は撮影者に帰属します。勝手に人が撮影した画像を加工するのは著作権侵害に当たります。

このあたりは注意してください。

 

最近著作権が切れた著作物の場合は要注意

このキャラクターをご存知でしょうか?ほうれん草を食べてパワーアップする水兵のポパイです。


Read More

フラッシュ終了…作成アプリの名称変更、広告からも姿を消す
5年 ago

フラッシュ終了…作成アプリの名称変更、広告からも姿を消す

ソフトウェア大手のAdobeが、自社で提供するフラッシュを作成するためのツール“Flash Professional CC”をアップデートし、名称をその名も“Animate CC”に変更すると発表しました。

これからはiPhoneなどのスマホでは閲覧できないフラッシュを作成するソフトではなく、スマホでも閲覧できるHTML5形式の動画などの作成機能を強化したソフトとして“Flash Professional CC”から生まれ変わったともいえる“Animate CC”を使って欲しいとのことです。

 

こちらのアドレスから、新しい“Animate CC”を使ってどんなことができるのか、twichで動画配信が行われるようなので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

また、Adobeの新しいWebオーサリングソフトである“Muse CC”もアップデートされた様で、レスポンシブ・デザイン関連の機能が強化された様です。

 

レスポンシブ・デザインは今やスマホ向けのサイトを構築する際は必須のデザイン手法なので、今回の“Animate CC”も含めてスマホなどモバイル関連の機能が大きく強化されたということですね。

 

かつては“王様”だったフラッシュ

 

スマホの代表であるiPhoneが発売され人気を博すまで、フラッシュはWebの王様でした。

 

当時、映像をふんだんに駆使したリッチなコンテンツやWebサイトは、ほとんどフラッシュで作られていた気がします。

 

その頃Webサーフィンをしていて、読み込みに非常に時間がかかるため、イライラして読み込みを待たずにブラウザのタブを閉じた経験を一度でもお持ちの方は多いのではないでしょうか?

それでも、フラッシュは使われ続けていました。

 

映画などのエンターテイメント産業のバナー広告もフラッシュを使ったものが多かったですし、映画のプロモーションサイトなんで、映像を使うのでサイト全体もしくは一部には必ず予告編の動画がフラッシュで埋め込まれていた気がします。

セキュリティーを始め、数々の問題が露見 …
Read More

【無料・商用利用OK】 仕事やチラシ、ロゴに使える素敵な日本語フォント7選
5年 ago

【無料・商用利用OK】 仕事やチラシ、ロゴに使える素敵な日本語フォント7選

チラシや、ウェブサイトのデザインでフォントに困ったことはないでしょうか?

パソコンに最初からインストールされているフォントでは物足りない。

「MSゴシック」などを使用するとちょっと素人っぽくてダサい・・・。

そんなあなたに使用するだけでちょっとプロっぽくなれる、日本語フリーフォントをご紹介します。

 

【丸ゴシック系】 ハンまるゴシック

半角サイズなのに親しみのあるフォントです。ひらがなは従来半角表示に対応していませんので、スリムなバナーデザインなどに使いやすいフォントです。

感じには非対応ですが、丸文字系のフォントと組み合わせることで幅が広がりますね。漢字は丸文字系大フォント、ひらがななどは「ハンまるゴシック」などのように。

ダウンロードサイトはこちら : http://www.flopdesign.com/font4/hanmaru-gothic.html

 

【角ゴシック系】 コーポレート・ロゴ

比較的太めの目立つ利用に適したフォントです。角ゴシック系なのに柔らかさと親しみやすさ、いい意味でのレトロ感を兼ね備えています。

まさにフォント名通り、ロゴやキャンペーン名などに使用しやすいフォントと言えるでしょう。

ダウンロードサイトはこちら : http://logotype.jp/corporate-logo-font-dl.html

 

【角ゴシック系】 スマートフォントUI

モダンで無機質なフォントなのですが、柔らかな曲線が組み込まれていることで親しみやすい印象を与えるフォントです。

非常に汎用性が高く、トップページバナーやチラシでも使いやすいフォントです。

ダウンロードサイトはこちら : http://www.flopdesign.com/freefont/smartfont.html

 


Read More

IBMに見る、デジタル時代の企業の変化
5年 ago

IBMに見る、デジタル時代の企業の変化

 

最近ちょっと暖かくなったり、逆に寒くなったりと寒暖差が激しい気がするのですが、皆さんは大丈夫でしょうか?弊社でも風邪をひくスタッフがいたりと、この季節は気温の変化が一年で一番激しく、体調管理が難しいですね。体をあわせていくのが大変です。

しかし変化にあわせられないと、調子を崩してしまうのは人間も企業も同じです。特にインターネットが登場した近年は環境や求められるニーズの変化が激しいと言われていますよね。

そんな移り変わりの激しい時代において、個人的には”巨人”と言われるIBMの企業業態の変容が、どんどんデジタル化していく時代についていくための、現代の企業の変化を象徴している様な気がします。

もはやメーカーではない、IBM

皆さんは、IBMと聞くとどんな会社を連想しますか?

私はまず、”メインフレーム”と呼ばれる業務用の大型コンピューターを製造している企業というイメージがあります。IBMはメインフレームを開発・製造する企業としてグローバルな巨大企業に成長したからです。また、昔はホームページ・ビルダーと言われるホームページ製作用のソフトなんかも製造販売していましたね。

ただホームページ・ビルダーはAdobeのホームページ製作用のソフトと比べるとはるかに安価でしたし、MicrosoftのOfficeなんかと比べると広く仕事をする際に必要なソフトではなかったため、あくまでIBMといえばメインフレームを製造するメーカー企業、というイメージが私の中に強くありました。

しかし、実際は2009年の時点でIBMの利益構成は

”サービスおよびコンサルティングが約4割、ソフトウェアが約4割、ハードウェアが約1割、ファイナンシングが約1割”

ということで、基幹事業だと思っていたメインフレームのハードウェア製造はなんと全体の1割の利益しかあげておらず、IBMは今やサービス・コンサルティングとソフトウェアの開発・製造がメインの企業へと変貌している様です。

デジタル広告部門を拡大していくIBM

このIBMの変化に注目したきっかけとして、

”IBMはもはやハードを売って利益を出す企業ではなく、Webサイト製作の利益のほうが大きく、Web製作会社と化している”

という記事を以前見ました。これが書籍だったのか、Webサイトやブログの記事だったのかは失念してしまったのですが、弊社もWeb製作を事業の一つとしていますので、印象的でした。

そして最近DIGIDAYの

”IBMが連続買収でデジタルエージェンシーとして急拡大:クラウド&IoT事業への寄与に期待か”

という記事を見て、改めてIBMがデジタル広告に本気で取り組んでいるのだな、と強く感じました。

記事によると、IBMは

1.2016年に連続で欧米の有力デジタル広告会社を買収

2.広告部門の従業員数が1万人になった

とのことです。

まず1の詳細ですが、IBMにはグループ企業としてIBMインタラクティブ・エクスペリエンスというデジタル広告会社があり、そのIBMインタラクティブ・エクスペリエンスが企業買収を行ったということです。

ちなみにIBMインタラクティブ・エクスペリエンスはAd Ageの発表したグループとしての世界の広告会社の売上総利益のランキングで世界第9位、デジタルネットワークランキングではなんと世界首位につける巨大広告会社でもあります。

現在は利益構成が変化しているとはいえ、もともとがメーカーであるIBMがそんな世界的な広告会社を有していることは驚きでした。また、2016年になって買収した企業も

”2016年2月2日(米国時間)、ドイツのデジタルエージェンシー「アペルト(Aperto)」を買収”「アペルト(Aperto)」はWeb制作とアプリ制作が主力のサービスで、クライアントには仏エアバス、独フォルクスワーゲン、独シーメンスなどグローバルな大企業を抱えている広告会社のようです。

”2016年1月28日にも米オハイオ州のデジタルエージェンシー「リソース/アミラティ(Resource/Ammirati)」を買収”

この企業も最初のクライアントがAppleだったり、有力な広告主に評価されている広告会社のようです。


Read More

不正広告を排除するGoogleの影の努力 2015年は実に7億8000万回のブロック
5年 ago

不正広告を排除するGoogleの影の努力 2015年は実に7億8000万回のブロック

GoogleAdwordsをはじめとした、インターネット広告を運営する米Googleが、Official Blogにて2015年にブロックした不正広告の数を発表しました。

出展:How we fought bad ads in 2015

恐ろしいことに、ブロックした不正広告の回数は、780million つまり7億8000万回だそうです。

不正に利益を得ようとする広告代理店と、広告プラットフォーム側であるGoogleの戦いはとどまることを知らないのですね。

Googleプラットフォームの不正広告とは

Googleの広告プラットフォームでは、ユーザーに不利益を与えてしまうような「不正広告」をちゃんと定義しており、これに違反するものが今回のブロック対象となったようです。

例えば、

・偽造品の販売 (偽造品とは、他の商標と同一か、ほとんど区別がつかない商標やロゴを含む商品を指します。)

・不正行為を可能にするサービス (不正行為を可能にする商品やサービスの例: ハッキング ソフトウェアやハッキングの手順、広告やウェブサイトのトラフィックを人為的に水増しするサービス、偽造文書、受験代行サービス)

・広告ネットワークの不正利用 (ユーザーにメリットを与える独自の情報がほとんどなく、主にトラフィックの生成を目的とするサイトやアプリを宣伝している広告)

・商品、サービスの不当表示 (販売者自身や、提供する商品やサービスの内容を、不正確、非現実的、不誠実に表現する宣伝行為)

・ヘルスケアに関するコンテンツ (処方薬と、処方薬に関する情報など、制限対象)

などが挙げられます。

詳しくは、Adwordsのポリシーをご覧ください。

モバイルプラットフォームでもこのような問題は顕著で、上記のような不正な広告を表示するアプリは2015年間でなんと140万件以上も申請されたとのことです。

 


Read More