Image

広告その他

バンダイナムコがコンテンツマーケティングを開始!?広告代理店『城崎広告』を設立
3年 ago

バンダイナムコがコンテンツマーケティングを開始!?広告代理店『城崎広告』を設立

ゲーム会社のバンダイナムコエンターテインメントが、ヴァーチャルな広告代理店プロジェクト『城崎広告』を開始しました。

『城崎広告』プロジェクトは、オリジナルのプロモーション専用キャラクターが実在する企業から実際に商品の宣伝・PRを受注していくという、バンダイナムコエンターテインメントの新規事業とのこと。クライアントとともに新規IP(知的財産)を創出・育成し、将来はバンダイナムコエンターテインメントの本業でもあるゲーム化も見据えた展開を目指している様です。

『城崎広告』は”消費者と商品の間に物語を紡ぎ出す。それが我々の仕事です。”を企業理念とした、社長と社員9名からなる広告代理店。社長以外は全てイケメンの男性社員のため、『城崎広告』プロジェクトの主なターゲットは女性なのかもしれません。ただ、今後社員が増員する可能性もあるでしょう。

PRの手段は主にWEBサイトとツイッターを使用。WEBサイトは公式サイトとPRサイト、社員専用サイトの3つを用意。公式サイトはいわゆる一般的な企業サイトで、事業概要や社員紹介など、ヴァーチャル企業としての活動に関するコンテンツがメインです。PRサイトは、城崎広告がPRを請け負う商品ごとに開設する特設サイトで、PR期間中は毎週更新し、商品の魅力をより深く伝えるメディアになるとのこと。

そして『城崎広告』プロジェクト最大の特徴として紹介されいるのが、社員専用サイトです。通常の企業の社内ポータルサイトの体裁で、議事録や連絡事項と称し、社員の日々の活動を掲載、彼らの頑張りや成長、成功など仕事の現場をこのサイトを通じてドラマ仕立て閲覧することで、個々のキャラクター性に共感し、彼らを応援するファンづくりを目指していくメディアを目指す様です。

『城崎広告』プロジェクトは、すでに第一弾のクライアントも決定しており、3月10日より各種宣伝活動を本格的に始動させていくとのこと。今後の展開に注目ですね!

source:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

広告業界の人間が”ジブリの大博覧会”を見るべき三つの理由
4年 ago

広告業界の人間が”ジブリの大博覧会”を見るべき三つの理由

梅雨が明け、本格的な夏が始まりましたね〜。

冷房のかけすぎや、冷たいものの取りすぎに気をつけつつ、なんとか乗り切っていきましょう!

さて、今回はただいま六本木ヒルズ展望台 東京シティービューで絶賛開催中の”ジブリの大博覧会”の話をしたいと思います。

◎ジブリの30年をまとめて振り返る大博覧会

”ジブリの大博覧会”は、ジブリの設立30年に加え、宮崎駿監督の長編制作からの引退と、制作部門の休止という大きな節目を受けて、2015年から開催されている展示会です。

今まで愛知と新潟で開催されていましたが、7月7日から9月11日まで六本木ヒルズ展望台で開催されています。

その”ジブリの大博覧会”に私も行ってきましたが、思っていた以上に素晴らしい内容で、ジブリファンのみならず、広告に携わる仕事をされている方にとって非常に興味深い展示物がたくさんありました。

そこで、主に三つのポイントに絞って”ジブリの大博覧会”が広告業界の人間にとっていかに素晴らしいかを、ご説明したいと思います!

1.宮崎駿監督の企画書が閲覧可能!

言わずと知れた、宮崎駿監督の企画書。

これが読めただけで、展示会に来た甲斐があったと思いました。

ちなみに手書きです。

いろいろなジブリ作品の企画書がありましたが、個人的に一番印象的だったのは「もののけ姫」の企画書でした。

他の企画書より簡潔で、企画趣旨が非常にわかりやすかった点に加え、文字自体に宮崎駿監督の気合が宿っているような印象を受けました。

「もののけ姫」は宮崎駿監督最後の長編アニメーション映画になる可能性があったので、ご本人も気合が入っていたのかもしれません。

 

2.鈴木プロデューサーと糸井重里氏の生のやりとりも見れます!

スタジオジブリと言うと、まず宮崎駿監督の名前が挙がると思いますが、制作面の柱である宮崎駿監督に対し、宣伝面で大きな役割を果たしているのがプロデューサーの鈴木敏夫さんです。

”ジブリの大博覧会”は、ある意味で鈴木敏夫プロデューサーが行ってきた”いかにジブリの映画をヒットさせるか”という取り組みを確認できる場です。

どんなキャッチコピーで映画の良さを伝えるか、そしてそのコピーをいかに多くの人に届けるか…宣伝に対する鈴木敏夫プロデューサーの姿勢が伝わってくる資料が展示されています。

特にコピーライターの糸井重里さんとのやりとりは、広告業界の方は必見でしょう。

鈴木敏夫プロデューサーは時に厳しく、時にユーモラスに糸井重里氏とコピーについてやりとりします。

作品のイメージと合わない場合は容赦なく駄目出しします。

また、糸井重里氏が頑張って書いたコピーも、宮崎駿監督がYesと言わないと前に進みません。

そんな時は、鈴木敏夫プロデューサーは、可愛らしく糸井重里さんにコピーの書き直しをお願いしています(笑)。

広告業界の人間だと、こういったやりとりをした覚えが何度もあると思います(笑)。

そんな現場の生々しい雰囲気が伝わってくるんです。

3.その他、宣伝に関する貴重な未公開資料がたくさん展示中!

それ以外にも、ほぼ全ての作品の重要な宣伝媒体であるポスターをはじめ、重要な資料が所狭しと飾られています。

前述の「もののけ姫」では、宮崎駿監督最後の長編アニメーションになる可能性があるということで、鈴木敏夫プロデューサーもことさら宣伝に力を入れていた様です。


Read More

著作権切れコンテンツを加工してWebサイトのバナーなどに使っていいのか?
4年 ago

著作権切れコンテンツを加工してWebサイトのバナーなどに使っていいのか?

「ブラックジャックによろしく」の作者である佐藤秀峰さんが、2012年に「ブラックジャックによろしく」に関する知的財産権利をフリー化し、二次創作や自由加工による商用利用を認めたのは記憶に新しいところです。

「ブラックジャックによろしく」の場合は、比較的新しいコンテンツが自由化されたのでインターネット上にもその漫画の加工画像がたくさんあふれました。

※「ブラックジャックによろしく」は著作権を放棄したわけでなく、利用をフリー化しているだけです。

著作権の保持期間は、作者の判明しているものであれば、作者の死後50年、誰が著作権者かわからないものや、団体が発表した著作物の場合は発表後50年、映画に限り公表後70年(2003年以前に保護期間が完了した作品については公表後50年)となっています。

つまり、われわれの生きている2016年現在、どんどん過去の映像作品やキャラクターが著作権切れになっていきます。

当然、「ブラックジャックによろしく」のように有名なコンテンツを二次利用し、面白いコンテンツを作成していくのはクリエイターとしては有効な手段となります。

では、著作権切れしたコンテンツを加工して、バナーなどとして自社のウェブサイトに利用していくのは問題ないのでしょうか?

今日は法律の観点から考えてみたいと思います。

 

著作権切れしたコンテンツをホームページに使ってもいいのか。加工は許されるのか。

かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画、モナリザの画像をホームページにそのまま載せるのはいいのでしょうか。

これは原則OKです。レオナルド・ダ・ヴィンチは1519年に死亡しています。著作権保持期間が過ぎていますので、自由に利用をしてOKです。

このような著作権切れしたコンテンツを、「パブリック・ドメイン」と呼びます。

では、モナリザの目を赤くして、実はヴァンパイア(吸血鬼)だったというパロディ画像を作成し、公開するのはOKなのでしょうか?

先に答えを言うとOKです。

しかし、作品を改変した場合は、著作権だけでなく、著作者人格権という権利の中の「同一性保持権」という内容に抵触します。

同一性保持権とは、『作者の意を害す』改変を禁ずる権利です。作者がモナリザを書く上で見る人に与える意図した印象を変えてはならないという事です。

この権利は、作者の没後、孫の代の遺族までが訴える権利を持ちます。

モラルなどの面を考慮しなければ、孫の代はすでにお亡くなりになっているため自由改変をしたところで訴えられることはありません。

ですので、モナリザは世界中に多くのパロディが存在します。

 

また、細かいようですが、誰かが撮影したモナリザの画像を改変するのは問題があります。

撮影対象がモナリザであっても、改変前の画像の著作権は撮影者に帰属します。勝手に人が撮影した画像を加工するのは著作権侵害に当たります。

このあたりは注意してください。

 

最近著作権が切れた著作物の場合は要注意

このキャラクターをご存知でしょうか?ほうれん草を食べてパワーアップする水兵のポパイです。


Read More

フラッシュ終了…作成アプリの名称変更、広告からも姿を消す
4年 ago

フラッシュ終了…作成アプリの名称変更、広告からも姿を消す

ソフトウェア大手のAdobeが、自社で提供するフラッシュを作成するためのツール“Flash Professional CC”をアップデートし、名称をその名も“Animate CC”に変更すると発表しました。

これからはiPhoneなどのスマホでは閲覧できないフラッシュを作成するソフトではなく、スマホでも閲覧できるHTML5形式の動画などの作成機能を強化したソフトとして“Flash Professional CC”から生まれ変わったともいえる“Animate CC”を使って欲しいとのことです。

 

こちらのアドレスから、新しい“Animate CC”を使ってどんなことができるのか、twichで動画配信が行われるようなので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

また、Adobeの新しいWebオーサリングソフトである“Muse CC”もアップデートされた様で、レスポンシブ・デザイン関連の機能が強化された様です。

 

レスポンシブ・デザインは今やスマホ向けのサイトを構築する際は必須のデザイン手法なので、今回の“Animate CC”も含めてスマホなどモバイル関連の機能が大きく強化されたということですね。

 

かつては“王様”だったフラッシュ

 

スマホの代表であるiPhoneが発売され人気を博すまで、フラッシュはWebの王様でした。

 

当時、映像をふんだんに駆使したリッチなコンテンツやWebサイトは、ほとんどフラッシュで作られていた気がします。

 

その頃Webサーフィンをしていて、読み込みに非常に時間がかかるため、イライラして読み込みを待たずにブラウザのタブを閉じた経験を一度でもお持ちの方は多いのではないでしょうか?

それでも、フラッシュは使われ続けていました。

 

映画などのエンターテイメント産業のバナー広告もフラッシュを使ったものが多かったですし、映画のプロモーションサイトなんで、映像を使うのでサイト全体もしくは一部には必ず予告編の動画がフラッシュで埋め込まれていた気がします。

セキュリティーを始め、数々の問題が露見 …
Read More

【無料・商用利用OK】 仕事やチラシ、ロゴに使える素敵な日本語フォント7選
4年 ago

【無料・商用利用OK】 仕事やチラシ、ロゴに使える素敵な日本語フォント7選

チラシや、ウェブサイトのデザインでフォントに困ったことはないでしょうか?

パソコンに最初からインストールされているフォントでは物足りない。

「MSゴシック」などを使用するとちょっと素人っぽくてダサい・・・。

そんなあなたに使用するだけでちょっとプロっぽくなれる、日本語フリーフォントをご紹介します。

 

【丸ゴシック系】 ハンまるゴシック

半角サイズなのに親しみのあるフォントです。ひらがなは従来半角表示に対応していませんので、スリムなバナーデザインなどに使いやすいフォントです。

感じには非対応ですが、丸文字系のフォントと組み合わせることで幅が広がりますね。漢字は丸文字系大フォント、ひらがななどは「ハンまるゴシック」などのように。

ダウンロードサイトはこちら : http://www.flopdesign.com/font4/hanmaru-gothic.html

 

【角ゴシック系】 コーポレート・ロゴ

比較的太めの目立つ利用に適したフォントです。角ゴシック系なのに柔らかさと親しみやすさ、いい意味でのレトロ感を兼ね備えています。

まさにフォント名通り、ロゴやキャンペーン名などに使用しやすいフォントと言えるでしょう。

ダウンロードサイトはこちら : http://logotype.jp/corporate-logo-font-dl.html

 

【角ゴシック系】 スマートフォントUI

モダンで無機質なフォントなのですが、柔らかな曲線が組み込まれていることで親しみやすい印象を与えるフォントです。

非常に汎用性が高く、トップページバナーやチラシでも使いやすいフォントです。

ダウンロードサイトはこちら : http://www.flopdesign.com/freefont/smartfont.html

 


Read More