Image

Posts By Webチーム

Latest Posts | By Webチーム
PCのアクセス中心のサイトはどう対応すべき?Google・MFI後のSEO対策
4年 ago

PCのアクセス中心のサイトはどう対応すべき?Google・MFI後のSEO対策

SEO対策という意味で、今後ますます重要になるWebサイトのスマートフォン対策。

一般消費者向けのBtoCサイトではスマートフォン対応はかなり進んでいると思いますが、法人向けのBtoBサイトはでは、まだPC向けのサイトのみ、という企業もある程度存在すると思います。

判断が難しいBtoBサイトのスマートフォン化ですが、スマートフォン向けサイトが検索順位の判断基準となるGoogleのMFI(モバイル・ファースト・インデックス)ではどの様な影響があるか、Googleの担当者が回答しています。

Googleの担当者によると…

ここでは、BtoBサイトで、サイトのメインのアクセスがPCからのアクセスであるWebサイトについて考えたい思います。

従来なら、検索結果の順位はPCサイトの評価で決まっていました。一般的なBtoBサイトならPCからのアクセスがメインだと思いますので、PCサイトの充実に力を入れておけば、万事OKでした。

しかし、今年の4月からモバイルフレンドリーアップデートが実施され、スマートフォンで検索した場合は、スマートフォンへ最適化されたページの評価でサイトの検索表示順位が決まる様になりました。

この時点で、将来的にスマートフォンからのアクセスを重視するBtoBサイトはスマートフォンへの本格的な対応を検討し、実施したBtoBサイトもあると思います。

そして、いよいよMFIが発表され、検索の順位はスマートフォン向けサイトへの評価が基準になるとGoogleが公式に声明を出しました。

この時、モバイルフレンドリーアップデートを無視して、スマートフォン対応を見送ったBtoBサイト担当者は、疑問を抱いたと思います。

”PC向けのページしか存在しないBtoBサイトは、MFI実施後はどの様に評価されるのだろう?”

こういった疑問はGoogleにも多数寄せられていたのでしょう、Googleの担当者も回答しています。

Googleの長山氏によると、

(1)PCからのアクセスが多いBtoBサイトだとしても、スマートフォン向けのページがある場合は、スマートフォンページへの評価により、すべてのデバイスにおける検索時の順位が決定する。

(2)そのBtoBサイトにスマートフォン向けのページがないならば、MFI後もPC向けのページへの評価で順位が決定する。

(3)(2)の場合、PC向けのページが”スマートフォン向けにどの程度最適化されているか”という基準で検索順位が決定するため、MFI後より検索順位が下がってしまう可能性がある。

ということになります。

BtoBサイトもスマートフォンへの本格対応を検討しましょう

基本的には、PCからのアクセスがメインのWebサイトだとしても、”スマートフォンユーザーから見て使いやすいページか否か”という基準で判断される様ですね。

例外的に、PC向けのページが非常に充実しているWebサイトの場合、ものすごく簡略化されたスマートフォン向けのページを用意するよりは、中途半端なことをせずにPC向けのページのみにしている方が検索順位が高くなる可能性もありそうですが、はっきりどちらが良いかは不明です。

それよりも、検索順位や将来的にスマートフォンから閲覧するユーザーが確実に増えることを考えれば、PCからのアクセスがメインのBtoBサイトなどのWebサイトも、しっかりスマートフォン向けのページを用意したり、レスポンシブデザインに変更するなどの対策を実施する方が得策だと言えるでしょう。

 

SOURCE:@KazushiNagayama

3分でわかる!Googleサーチコンソールの一番基本的かつオススメの使い方
4年 ago

3分でわかる!Googleサーチコンソールの一番基本的かつオススメの使い方

Googleがスマートフォン向けのサイトの内容を元に検索順位を決定する方向に変わると発表し、スマートフォン向けのSEOも従来のPCサイト向けのSEOも大きな変化を迎えようとしています。

そんな中、SEOツールの中では最重要ツールの一つであるGoogleサーチコンソール。Googleウェブマスターツールから名前も変更され、いろいろな機能が追加されていますが、現場で企業のWeb担当者の方々とお話をしていると、まだまだGoogleサーチコンソールになじみのない方も多くいらっしゃるのが実情です。

そこで今回は、Googleサーチコンソールの、一番基本ながら最も重要だと思われる機能の使い方をご説明します。

非常に簡単なので、“まだGoogleサーチコンソール、使ったことないよ!”という方でもご安心ください。

※WebサイトにGoogleサーチコンソールの設定が完了していることを前提に解説します。

まずはGoogleサーチコンソールにログインしましょう

まずはGoogleでGoogleサーチコンソールを検索して、ログインしましょう。 Googleサーチコンソールで検索すれば、基本的に一番上に表示されます。

次はGoogleサーチコンソールの詳細画面に移動しましょう

ログインしたら、自社のWebサイトのアドレスをクリックして、詳細データが表示される画面に移動します。

”検索トラフィック”をクリックしましょう

詳細画面に移動したら、左側に下記画面のようなメニューがあります。 その中の“検索トラフィック”をクリックしましょう。

”検索アナリティクス”をクリックしましょう

次は、赤丸で囲まれた”検索アナリティクス”をクリックしましょう。

すると、下の様な画面に移動します。

“Googleサーチコンソール”で、自社のWebサイトの検索状況を把握しまっしょう

Googleサーチコンソールでは、Googleの検索エンジン上で自社のWebサイトがどのような状況にあるのかを、様々な尺度から測ることが可能です。

上記の画面では、下記の『4種類のデータ』を、後述する『6つの指標』と組み合わせて確認することができます。

『4種類のデータ』

  1. クリック数…Googleの検索エンジン上での自社Webサイトのクリック数
  2. 表示回数…Googleの検索エンジン上でGoogleの検索エンジン上での自社Webサイトの表示回数
  3. CTR…Googleの検索エンジン上での自社Webサイトの成果に結びついた確率

  4. Read More

ハロウィンの人気はもう終わり!?Web的に分析してわかったこと
4年 ago

ハロウィンの人気はもう終わり!?Web的に分析してわかったこと

2015年の時点で市場規模が1220億円を超え、バレンタインを上回りクリスマスに次ぐ記念日として日本でも秋のイベントとして定着しつつあるハロウィン。

今年、2016年も渋谷には若者を中心に大勢の仮想を楽しむ人々が集まりました。

ただ、今年は2015年と比べるとそれほど盛り上がっていないのでは?などという記事もちらほら見ました。

特に10月最後の金曜日である10/28(金)はあいにくの雨模様でしかもかなり気温が低く寒かったということもあり、確かに仮想している人を見かけることはほとんどありませんでした。

本当に、ハロウィンは日本で盛り上がっているのか?

ということで、Web業界の企業らしく”ハロウィン”をITのツールを用いて分析してして、ハロウィンの日本での盛り上がりの真相に迫ってみたいと思います!

分析結果(1)検索されるのはほぼ9月と10月のみ

まずはおなじみのGoogleキーワードプランナー。

対象の言語と地域を日本に設定して”ハロウィン”というキーワードを調べたところ、まずダントツで10月に検索されています(下図参照)。

平均月間検索ボリュームは800万回弱と、かなり多いですね! 9月にも200万回ほど検索されているようです。

ただ、それ以外だと7月と11月に少し検索されるくらいの様です。 それだけ季節感のあるイベントとして定着しているということではないでしょうか。

人気の”ハロウィンの”関連キーワードは…?

Googleキーワードプランナーを使うと知りたくなるのが関連するキーワードでどんなキーワードが人気があるのか、ということ。

”ハロウィン”の場合は、衣装に関するキーワードが、広告を出稿するキーワードとして人気の様です。

日本ではハロウィン=仮装となっているので、納得の結果ですね…!

”ハロウィン”の人気はいつから上がり始めたのか?

こんな疑問に答えられるツールと言えば、Googleトレンドですね!

”ハロウィン”をGoogleトレンドで調べてみたところ、下図のようになりました。

trends.embed.renderExploreWidget(“TIMESERIES”, {“comparisonItem”:[{“keyword”:”ハロウィン”,”geo”:”JP”,”time”:”all”}],”category”:0,”property”:””}, {“exploreQuery”:”date=all&geo=JP&q=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3″,”guestPath”:”https://www.google.co.jp:443/trends/embed/”});

2011年から、急激に検索数が伸びています…!

そして渋谷に歩くのも困難になるほどの仮装した人が集まり、メディアの注目を浴びたのが2015年で、なるほど2015年は最も高い検索数を記録しています。

2015年と比べると、2016年は検索数では4分の3ほどの数値に落ち着いています。先ほどのGoogleキーワードプランナーの数値と照らし合わせると、今年の”ハロウィン”の検索数は600万回程度でしょうか。


Read More

祝”PS VR”発売!今さら聞けない”VRの基本”まとめ
4年 ago

祝”PS VR”発売!今さら聞けない”VRの基本”まとめ

今週の木曜日、10月13日にPlaystation4向けのVRコンテンツを楽しむための追加デバイスである”PS VR”が発売されました。

事前予約を募集するたびに即予約枠が売り切れとなり、発売前から話題となっていた”PS VR”。 ニュースなどで目にした方も多いのではないでしょうか?

この記事では、”PS VR”発売でがぜん盛り上がる”VR”を理解するために必要な基本的な知識を解説します!

そもそも”VR”って何?

”VR”は、Virtual Reality(バーチャル リアリティ)の略で、日本語だと”仮想現実”もしくは”人口現実感”などと訳されます。 3Dとの違いは、視線を360°自由に動かすことが可能な点で、より没入感のある体験ができることです。

現在”VR”市場は様々なメーカーからVR対応デバイスやコンテンツが開発されており、話題の”PS VR”はSONYから発売されたPlaystation4向けのVR対応デバイスで、対応コンテンツも豊富に揃い、さらに税抜きで44,970円という価格に対して提供されるコンテンツの質が非常に高いことからも、発売前からユーザーの間で大きな期待を寄せられていました。

”PS VR”で、何ができるの?

”PS VR”は、VRゴーグルやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれるゴーグルとヘッドフォンやイヤフォンを頭部に装着し、Playstation4と接続することによりVRコンテンツを楽しむことができます。

それにより、視線を360°自由に動かすことのできるVRコンテンツを楽しむことができます。

座って操作することを前提に設計されており、ゲーム内の操作はPlaystation4付属のコントローラーか、Playstation Moveと呼ばれる別売りのコントローラーなどで操作します。

”PS VR”以外でVRを安く楽しむ方法

費用対コンテンツの質という意味で素晴らしい実力をもつVR対応デバイス”PS VR”ですが、残念ながらその人気に生産が追いついておらず、”PS VR”の購入を希望するユーザー全員にはいきわたっていないのが現状です。

また、本格的なVRコンテンツを楽しめるデバイスにしては安いとはいえ、44,970円(税抜)という価格は普通に考えるとちょっと高めの金額なのも事実です。

実はVRを楽しむ方法は”PS VR”以外にもたくさんあり、iPhoneかAndroid搭載スマートフォンがあれば、二〜三千円の抑えめな出費で楽しむこともできるんです。


Read More

終わりの始まり…?Googleのhttps未対応サイトへの対応がさらに厳しく
4年 ago

終わりの始まり…?Googleのhttps未対応サイトへの対応がさらに厳しく

世界シェア、日本シェアともにNo.1のブラウザー、Googleクローム。 検索最大手のGoogleが提供するブラウザーです。

仕事でも、プライベートでもGoogleクロームを愛用している方は多いと思います。 かくいう私もその一人です。

そんな多くのユーザーに使われているGoogleクロームの仕様に変更があると、大きな影響があることは想像にかたくありません。

そのGoogleクロームで、来年1月からhttp接続のWebサイトで、パスワードやクレジットカードの入力フォームがあるWebサイトを閲覧した際、”Not secure(安全ではない)”と、下記画像の様にアドレスバーに表示される様になる変更が実施されます。

これは、近年Googleが推進している、http接続のWebサイトをhttps接続に変更することを推進する取り組みの一環ということです。

さらに、Googleクロームのシークレットモード(通常のGoogleクロームでの閲覧より、よりプラバシーが保護された状態でWeb閲覧ができるGoogleクロームの機能)を使いユーザーがWebサイトを閲覧した際、そのWebサイトがhttp接続のWebサイトだった場合、下記画像の様な、さらにユーザーの危機感をあおる表示が行われる様になるとのこと。

赤い”Not secure”の文字と、!マーク付きの赤い三角マーク。 こんな文字が自分が見ているWebサイトのアドレスバーに表示されていたら、ぎょっとしますよね。

しかもこの仕様変更、当初はGoogleクロームのシークレットモードでの閲覧時だけで実施されますが、今後はシークレットモードを仕様していなくとも、全てのhttp接続のWebサイトを閲覧した際に表示される様に変更が漸進的に実行されていく様です。

http接続を無くそうというGoogleの強い意思を感じる仕様変更

個人的に、Googleは今回の仕様変更を皮切りに、本気でhttp接続のWebサイトを無くしていこうと本腰を入れはじめたと感じました。

Googleは以前からhttp接続をhttps接続に変更するように推奨してきたましたが、あくまで業界の人間にむけて、こんなhttps接続はメリットがあるとか、http接続にはこんなデメリットがあるからといった情報提供がメインでした。

その情報は、業界の人間にとっては例えばWebサイトの検索順位に影響があるなど重大な面も多かったのですが、一般のユーザーには関係のない情報ばかりでした。

そんなGoogleが、今回はついに一般のユーザーにも影響のある仕様変更を行うのです。

今までhttps接続への変更がなされていなかったWebサイトも、これではhttps接続へ変更せざるを得なくなるでしょう。