Image

Posts By Webチーム

Latest Posts | By Webチーム
【調査結果】スマホが大好きなのは女子高生
6年 ago

【調査結果】スマホが大好きなのは女子高生

 右肩上がりでユーザーを伸ばしているスマートフォン。そんな中、ある興味深い調査結果が発表されましたのでご紹介します。

【携帯電話・スマートフォンに関する利用実態調査】

インターネット閲覧制限ソフトの開発などを手がけるデジタルアーツ株式会社(以下DA社)は、今年2月に携帯電話・スマートフォンを所持する全国の小・中・高校生男女618名、及び未就学児から18歳の子どもを持つ保護者層624名、合計1,242名を対象に利用実態調査を行い、調査結果を公開しています。

その調査によると、なんと女子高生の95.1%がスマートフォンを使っているそうです。同じ数値で女子小学生が35%、女子中学生が52.4%であるのに比べると、圧倒的な数値の高さですよね。さらに現在スマートフォンを持っていない女子高生で、今後スマートフォンを使いたい人の比率はなんと100%!(女子小学生や女子中学生など他の属性は、全体の10〜20%ほどは使用したくない意向)まさに女子高生はスマホが大好き、もしくはないと友達付き合いも何もできないのかもしれません。

ちなみ1日の平均のスマートフォン使用時間も6.4時間と、2位の男子高生の4.3時間と比べてもぶっちぎりの使用時間の長さ。1日の4分の1以上をスマートフォンに費やすというのは、かなりのヘビーユーザーといってもよさそうです。

女子小学生や女子中学生の場合、教育上の理由から親の意向でスマートフォンを持たせてもらえないケースもありそうなので、女子高生ほど高いスマートフォン使用率にはなっていませんが、調査結果から察するに学生などの若年層も従来のガラパゴス携帯と言われる携帯電話よりも、スマートフォンを好む傾向があると言ってもいいかもしれません。ちなみに男子高生も女子高生ほどではないものの、高い使用率を記録しました。

”携帯電話=スマートフォン”という時代が、もうすぐそこまで来ているのかもしれません。 昔ポケベル、今スマホなのでしょうか…?

ソース:デジタルアーツ株式会社

飲食店は自社HPより、ソーシャルメディアに興味がある!?
6年 ago

飲食店は自社HPより、ソーシャルメディアに興味がある!?

弊社も会員である東京商工会議所が、都内の飲食店1,000社に対しアンケートを送付した結果(うち374社が回答)、

”今後、取り入れたいPR方法は次のうちどれですか?”という問いに対し、

第一位「グルメサイト」…21.8%

第二位「ソーシャルメディア」…18.7%

第三位「自社ホームページ」…13.7%

 

(東京商工会議所調べ:2014)

 

となったそうです。その他の手段としてはポスティングやグルメ情報雑誌、新聞や地域情報誌などがあり、従来のPR手段を押さえてインターネットを活用したPR手段に関心が高いことがうかがえます。

他の質問として”PRをどのような方法で行っていますか?”という質問項目があるのですが、その回答は

第一位「グルメサイト」…55.8%

第二位「自社ホームページ」…34.9%

第三位「ソーシャルメディア」…28.7%

 

(東京商工会議所調べ:2014)

 

となっており、少し短絡的な見方かもしれませんが、PR方法としてはグルメサイトを現在活用していて、今後さらに活用して行きたいという飲食店が最も多く、次が自社ホームページを活用していて、ソーシャルメディアにより力を入れていきたいと思っているお店が多い様に見えます。

弊社のクライアントでもそういったパターンが大半なので、色眼鏡がかかっている可能性も高いですが、現在はただ目的もなく自社ホームページを運用しているだけでは、なかなか効果につながらない時代になってきていて、自社ホームページとソーシャルメディアをうまく使い分け、いかに相乗効果を出していくのか、といった課題をどの企業も抱えており、そういった面がこのアンケートにも現れている気がします。

実際HP製作の大手企業である株式会社メンバーズなどは、中期経営計画でソーシャルメディアの活用支援事業を柱にすえることを公表しており、自社ホームページとソーシャルメディアの併用に関しては、プロであるインターネット業界自体も力を入れていく傾向にあります。

うまく活用すれば、大きな宣伝効果が見込めるPRツールであるソーシャルメディアは、確かにどの企業にとっても魅力的です。自社ホームページと比べても立ち上げや運用が容易な面も多く、それだけによりコストや時間を抑えて宣伝効果につなげられるのかといったノウハウが大事になってくる分野です。

情報元

東京商工会議所

http://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/inshoku/chosa_kekka/

株式会社メンバーズ 第一次中期経営計画

http://www.slideshare.net/Memberscorp/2013320153

スマホ向けリスティング広告って、実際どうなの?

「せっかく言うとおりブログ付きのホームページにリニューアルしたんだから、記事を書いて下さい。」と言われ、頑張って記事を書かなきゃと思っている米倉です。最近WOWOWの録画した映画がたまっているんですが、見る時間がなくて早送りして気になるところだけスピードを落として見ているという、映画製作者の皆さんには大変申し訳ない映画の見方をしております。ごめんなさい…。

本題です!

弊社はリスティング広告の代理店ですが、この分野ではご多分にもれず、スマートホン向けの広告が熱いことになっています。グーグルさんもかなりスマートホン向けの広告を押してきます。まあリスティング広告が効果を発揮するための最大の必要条件である検索数が、スマートホンでめちゃくちゃ増えているので、当然と言えば当然ですね。

実際、効果は出るのか!?

とはいえ広告なので、ここが一番大事ですよね。効果の出ない広告は屁のつっぱりにもなりません!えらそうかつ筋肉マン世代なことがばれる発言をしましたが、実際の話はというと…、

案件次第です。

まだブログ記事の公開もしてないのに、皆さんの怒りのつっこみが聞こえてきます…。そうですよね、そんなの当たり前だろうと。ただ様々な業種の数十社を超えるお客様に去年の年末から現在に至るまでスマートホン(そろそろスマホッて略してもいいですよね?)向けの広告をご利用頂いたのですが、スマホ向け広告はかなり商品やサービスとの相性があると思います。

抜群に効果を発揮した案件もあれば、PC向けと大して変わらないもの、スマホ独特の動きを見せたもの、おおはずれに終わったもの…。色々ありますが、その中でいくつかの案件を、紹介できる範囲でご紹介したいと思います。

【続く】

 

 

 

なぜ、SEOよりSEMなのか 【後篇】

前回も天気のことについて触れましたが、本当に落ち着かないですね、天気。もうすぐ五月になろうかというのに、昨日は2月並みの気温だった様ですし。

さて今回は、”なぜ、SEOよりSEMなのか”という記事の【後篇】です。

【前篇】は両社のメリット・デメリットを比較などしてみましたが、【後篇】はもう少し掘り下げた内容でお届けしたいと思います。

SEMを行わないとSEOの本当の価値はわからない

例えば、チョコレート製品を販売する通販サイトを運営している会社が、”チョコレート 通販”というキーワードで上位表示される様に、SEOサービスを提供している企業に依頼し、めでたく”チョコレート 通販”というキーワードで一位に表示される様になったとします。

調べればすぐわかりますが、”チョコレート 通販”というキーワードは月間の検索数がグーグルで4400回、ヤフーで1900回あります。両者あわせて6300回ほど月間で露出が見込めます。さらにその何%かが通販サイトを訪れ、さらその何%かが商品を購入するとします。

その時はじめて、そのキーワードで上位に表示されたことの直接的な効果がわかりますが、案外このプロセスを飛ばして、”うちは税理士だから税理士っていう言葉がキーワードに入っていればいいだろう”とか、”うちは表参道に店があるから、表参道と業種がキーワードに入ってればいいや”くらいのおおざっぱなキーワード設定をしてしまう場合も多く見受けられます。

SEOだけで考えると、どれくらいの数字的な効果が見込めるのか、事前に予測するのが困難なのです。

リスティング広告ならいくらかかるのか

話を”チョコレート 通販”にもどします。リスティング広告を使用する場合、”チョコレート 通販”というキーワードが一回クリックされた時にかかる費用はグーグルで70円、ヤフーで80円ほど。この数字がでてやっと、”SEOとリスティング広告、どちらの方が費用対効果がよさそうなのか”という比較ができる様になります。

SEOは大きく分けて成果報酬型と月額固定型がありますが、それとリスティング広告、どちらがその案件にとってよいのかを、”なぜ、SEOよりSEMなのか 【前篇】”ででたメリットとデメリットを比較して、検討します。

ここまで説明すればわかって頂けた方も多いかと思いますが、リスティング広告と比較検討しないと、SEOだけではその料金が高いのか安いのかを判断することがとても難しく、感覚的なものになってしまうのです。それは、データを計って改善し、効果を上げることができるというインターネットの最大の利点をみすみす放棄することに他なりません。

もしあなたが担当者で、SEOやリスティング広告の活用を検討されているのでしたら、最低限上記のプロセスを踏んで、どちらかを検討することをおすすめします。

弊社もSEO、リスティング広告ともにサービス提供していますので、自社だけでは解決が難しい場合、無料相談をご活用頂けると幸喜です。

米倉

 

なぜ、SEOよりSEMなのか 【前篇】

皆さんこんにちは!暖かい日が続いたと思ったら今日は結構寒くて、早く気候に落ち着いて欲しいと思っているココアの米倉です。

このブログでは主に弊社のメイン事業であるウェブサイト作成やインターネット広告について書いていきたいと思います(その他日常のことも書くと思います…)。

今日のお題は、お客様の運営するホームページやウェブサイトに、効果的に集客をしたいというニーズがある場合のお話です。弊社ではそういったご相談をお客様から受けた場合、まずお客様にSEOよりSEM(以下、リスティング広告※)をおすすめしています。※SEMには色々な手法がありますが、代表的な手法かつSEOと異なるものという意味でリスティング広告を例に挙げています。

それはなぜなのか。理由は沢山ありますが、まずはSEOとリスティング広告、それぞれのメリット・デメリットを比較してご説明したいと思います。

 

○SEOのメリット

1)何回クリックされても、広告費はかからない。(上位表示されるための時間やコストはかかります)

2)グーグルでもヤフーでも、基本的に同じ順位で表示されるので、効果的なキーワードで上位表示を達成できた時のメリットが大きい。

 

○SEOのデメリット

1)反映されるまで時間がかかる。途中でキーワードを柔軟に追加・変更できない。また、大量のキーワードを狙って上位表示させるのが難しい。

2)検索エンジン側のアルゴリズム変更などにより、突然順位が下落したりするケースがある。

 

○リスティング広告のメリット

1)反映までに時間がかからず、キーワードの追加・変更も非常にスピーディーに対応できる。

2)大量のキーワードに効率よく出稿できるので、自社にあったキーワードを大量のキーワードの中から、効率良く見つけ出す事ができる。

 

○リスティング広告のデメリット

1)運用が難しく、知識がないと効果検証や改善が難しい。

2)基本的に1クリックごとに課金される(インプレッション型課金の場合を除く)

 

といったところがざっと上げられるでしょうか。

一見どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらの施策も試す価値がある様に見えます。実際SEOもリスティング広告もどちらもうまくいった時の売り上げや認知における効果は絶大なのですが、問題はSEOとリスティング広告を実施する順番です。

例えば、”財布の通販”をやっている会社の通販用のウェブサイトがあるとします。その会社で、一生懸命”財布の通販”に関するブログを書くなどして、検索エンジンで表示される様に努力したり、外部からの被リンクを増やす作業を行い、”財布の通販”で上位表示されたとします。しかし、はたしてそれだけの労力を割いて上位表示させたキーワードが、どれだけ通販サイトの売り上げに貢献してくれるでしょうか?また、そのキーワードはずっと売り上げに貢献してくれるキーワードでしょうか?

もし売り上げに重要なキーワードが途中で変わった場合(例えばクリスマスシーズンはプレゼントを購入するために”プレゼント”に関連したキーワードの検索される回数が爆発的に増加します)、何の準備もなくいきなり上位表示されるキーワードを”財布 プレゼント”に変更することはまず無理でしょう。上位表示を狙うにはやはりそれなりの労力やコスト、時間がかかります。

これがSEOではなくリスティング広告だとしたら、重要なキーワードの変化があるとわかっていればすぐにキーワードを変える事ができます。また広告を出すキーワードも豊富に設定でき、その中からどのキーワードが有効か検証しながら広告宣伝することができます。

この様に、まずSEOよりリスティング広告を優先させて行う理由は沢山あります。

なぜ、SEOよりリスティング広告なのか【後篇】に続く