サッカー韓国代表で、Jリーグでも7年間プレイしたチョ ヨンチョル選手。最後に日本のファンに直接別れのあいさつができなかったのが心残りの様で、移籍の経緯や日本のファンへの感謝の気持ちなどを日本語で語っている動画を自らアップしました。

約20分間も語る動画の長さから、日本へのさまざまな想いがあることが感じられます。また、サッカーを通じて日本全国のサッカーファンと交流できたこと、絆が生まれたことを感謝していて、いつか必ず日本に戻って、またそういった人々と再開したいと語るなど、日本への熱い想いを感じさせてくれます。

日本と韓国は政治的な摩擦も多く、関係は決して良好とはいえませんが、一方でサッカーを通じてこんなにも強い絆が生まれているという事実は、日本人としてとてもうれしく思います。チョ ヨンチョル選手は現在カタールでプレーしていますが、またJリーグできれのいいドリブルやシュートを見せてほしいですね!