今やウェブサイト管理者にとってはサイト公開時にまず設定する内容といっても過言ではない「Googleマイビジネス」(旧:Googleプレイス)。

スマホ利用のユーザーには近隣のショップを表示できたり、Googleマップアプリでの検索に対応させたり、顧客のレビューを獲得したり。

Googleマイビジネスの導入はSEO上、色々なメリットがある以上避けて通れません。

しかし、お店がたくさんある場合、または出店・閉店の間隔が早く、適時修正が必要な場合などウェブサイト管理者にとっては非常に大変です。

実は、このGoogleマイビジネス、複数店舗を一括で管理、アップロードできることはご存知でしたでしょうか?

10店舗以上の登録に限られてしまうのですが、いちいちGoogleマイビジネス管理画面より修正する必要がなく、Excelシートでの管理が可能です。

数多くの店舗を管理されている管理者の方はその時間を大幅に短縮することが可能ですので、一度試してみてください。

 

まずは、Googleマイビジネス管理画面にアクセスする

20160221_05

Googleマイビジネスの管理画面、左上のメニューを開きます。

そこで、「ビジネス情報をインポート」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

すでに複数店舗を登録してあり、管理中だという方の場合は、「すべてのビジネス情報をダウンロード」へと進んでください。

 

テンプレートファイルをダウンロードする

20160221_06

「ビジネス情報をインポート」へ進むと、上記のような選択画面が出てきます。

「テンプレートをダウンロード」を選択し、CSVファイルをダウンロードしてください。

20160221_07

こちらのファイルがGoogleマイビジネス情報を一括管理するためのファイルになります。

しかし、CSVファイルである以上そのままExcelで開いた場合は文字化けしてしまう場合があります。

その場合はいくつか解決法があります。

・ 「メモ帳」でCSVファイルを開き、再保存

・ Excelではなく、GoogleAppsのスプレッドシートで開く

どちらかで解決すると思います。

解決した場合は、テンプレートに書かれている内容をもとに店舗情報を編集していきます。

半角、全角はサイトに反映されます。数字、記号の場所は必ず半角で入力するようにしてください。

すべての編集が完了したら、CSVで保存してください。ファイル>名前を付けて保存>ファイル形式 で.csvを選択すればOKです。

 

編集が完了したらアップロード

20160221_06

もう一度先ほどの画面に戻ります。メインメニューより「ビジネス情報をインポート」の選択です。

一番下の「インポートするファイルを選択」より、先ほどのCSVファイルをアップロードします。

これで一気にGoogleマイプレイスの情報が登録されます。

チェーン店などの場合、例えば営業時間やウェブサイトURLなど共通する項目が多くありますので、この方法ですとコピーペーストで一気に登録できて便利ですね。

 

修正する際は、ダウンロード・アップロードで可能

20160221_05

店舗追加や、店舗閉鎖などにより情報の加筆修正をしたい場合は、Googleマイプレイスの「すべてのビジネス情報をダウンロード」よりCSVファイルをダウンロードして編集します。

先ほどのCSVファイルを保存しておいてもよいのですが、Googleマイプレイスの仕様変更があり項目が増えていることがありますので、毎度ダウンロードしたほうが良いと思います。

こちらで再度編集を行い、先ほどの流れでアップロードしましょう。

これでGoogleマイプレイスの変更が完了となります。

 

まとめ

Googleマイプレイスの複数一括管理方法の説明は以上となります。

なお、この方法は2016年2月時点での方法です。仕様変更の可能性がありますので、その際はご容赦ください。

また、複数管理を一括で外注したい場合などのご相談も承っております。

どうぞお気軽にご相談ください。