Amazonプライム、楽しんでいますか?

前回の記事で書いたように、Amazon Fire 7というタブレットを入手したことで、寝ながらの映画視聴がはかどっています。

今回は2016年2月に視聴した洋画の中からおすすめできる動画を4本ご紹介します。

 

シャッター アイランド(2009年)

20160214_02

ミステリーやサスペンス好きで、伏線が多く張ってある映画がお好きな方にはぜひおすすめしたい映画です。

舞台は1950年代のアメリカ。

捜査官テディは、囚人が脱走した捜査のために、精神病を患った犯罪者のみを収容したシャッターアイランドと呼ばれる孤島の刑務所へと出向きます。

職員や、囚人の態度はみんな何かを隠したようによそよそしく、謎を解いていけばいくほどおかしな点が増えていきます。

ラストが非常に気になるタイプの映画です。私はのめりこみました。

主演は、イケメン代表のレオナルド・ディカプリオですが、イケメン役というよりは演技派のワイルド演技でした。

 

ターミナル(2004年)

20160214_03

友情や人と人とのつながりに感動して涙を流してしまう人にはぜひおすすめしたい1本です。

「フォレストガンプ 一期一会」で感動派俳優としての地位を不動なものとしたトム・ハンクスが主演です。

主人公は架空の国クラコウジアの出身、空港に降り立ち、出国する前に悲運にも祖国がクーデターで消滅。

パスポートが無効になり、出国も帰国もできなくなった男が、言葉の通じない空港で過ごす物語です。

人と人とのかかわりについて考えさせられる、非常に心あたたまる素晴らしい物語です。

この映画の撮影にあたって、大掛かりな空港セットをすべて作ったそうです。そのスケールにも注目です。

 

グラディエーター(2000年)

20160214_04

これぞラッセル・クロウ!彼だからこそ演じられる壮大なストーリーです。

古代ローマ帝国で、次期皇帝の地位が約束された将軍マキシマスが、次期皇帝を狙う現皇帝の息子に騙され、剣闘士として命を懸けながら戦う物語です。

闘技場でまるで奴隷のように扱われる日々の中で、復讐のために戦う男の姿を見ていると熱いものがこみ上げてきます。

また、下剋上の逆転ストーリーが好きな方にもおすすめできる、スペクタクル作品です。

 

ジョー・ブラックをよろしく(1998年)

20160214_05

甘いラブストーリーが見たい時にぜひおすすめしたい作品です。

まだ若かりしブラッド・ピットが演じることでその甘さも何倍にもなります。

メディア王パリッシュの娘は、あるコーヒーショップで出会った若者に惹かれるのですが、彼はすぐ直後交通事故で無くなってしまいます。

しかし、その娘の前には雰囲気の変わった青年が再度現れます。彼は、いったい何者なのでしょうか?なぜ不思議な雰囲気をまとってまた現れたのでしょうか?

甘く、そして切ないストーリーです。

「愛は情熱だ。その経験のない人生は意味のないものだ」

 

意外と本数の多いAmazonプライムビデオ

先日の「どこがお得!?動画配信サービスの実態調査結果は…」記事でもご紹介したように、Amazonプライムビデオはその料金のわりにコンテンツの数が多く見ごたえがあります。

邦画に比べ、洋画はかなりの充実度を見せています。ついつい空いた時間があると見てしまいますね。

ストリーミングだけでなく端末へのダウンロードも可能ですので、通信量を気にせず見られるのも高評価です。

今後もよい映画があった場合はどんどんおすすめしていきたいと思います。

 

過去のAmazonプライム記事はこちら
【Amazonプライム生活 第3話】Amazonプライムをしゃぶりつくす Fire 7購入編
【Amazonプライム生活 第2話】Amazonプライムをしゃぶりつくす 007シリーズ編
【Amazonプライム生活 第1話】Amazonプライムをしゃぶりつくす 準備編