20160212_14

いまさらながらAmazonプライム会員限定の4,980円Fire 7タブレットを購入してみた

20160212_14

まぁ、いまさら説明の必要はないと思うのですが、Amazonプライム会員はFire7というAmazonの7インチタブレットを4,980円で購入できます。

当然AmazonプライムビデオやKindle電子書籍も閲覧でき、Amazonのコンテンツを楽しめるデバイスです。

解像度は若干低いものの(1024×600px)、マンガやストリーミング動画は十分みられる内容となっています。高画質が見たいなら最初からテレビで見ますし。

何より価格が安く、コスパは信じられないくらい優秀です。

今回、私の愛用するNexus7タブレットが故障によりご臨終したため、新しいプライムビデオ、Kindle専用機を求めていたため購入しました。

 

過去のAmazonプライム記事はこちら
【Amazonプライム生活 第2話】Amazonプライムをしゃぶりつくす 007シリーズ編
【Amazonプライム生活 第1話】Amazonプライムをしゃぶりつくす 準備編

シンプルなパッケージに少し重い本体

20160212_15

冒頭のオレンジのパッケージの中には、MicroUSB充電用ケーブルと、本体。小さい説明書。以上です。

最近のデジタルガジェットはシンプルですねぇ。余計なものが一切ありません。

このFire7、本体ストレージは8GBしかありません。マンガをたくさん入れるとすぐ容量オーバーになってしまうので、MicroSDカードで容量を補強します。

今回は家に転がっていた32GBのMicroSDを挿入。これで40GBです。十分でしょう。

電源を入れると本体アップデートが始まります。大体起動するまで15分くらいかかりました。

 

ちょうどタバコの倍くらい 手の小さい人には最適なサイズ

20160212_16

青年コミックくらいのサイズですね。本体は320gくらいなので片手で十分に持てるサイズです。

筆者は手が小さいので、7インチくらいが片手で簡単に持てる限界サイズです。欲を言えばもう少しディスプレイの余白の部分を狭くしてくれると良かったのですが・・。

解像度は最近のスマホになれると少し汚いですね。iPhone4Sくらいを思い出す解像度です。

 

とりあえずGooglePlayストアをインストール

デフォルトでインストールされている「Silkブラウザ」がちょっとアレな出来なので、GoogleChromeをインストールしようと思ったら、GooglePlayストアが無い・・・・!

このFire 7に積まれているFire OSは、Androidがベースになっているものの、Amazonが独自カスタマイズして自由にアプリをインストールできないようになっています。

インストールできるのはFireストアにあるものだけ。

このストアの品ぞろえが、、、ちょっと、、、ねぇ。

という事で、GooglePlayストアを強引にインストールし、GooglePlayのアプリを自由にインストールできるようにします。

 

Kindle FireタブレットでGoogle Playストアをroot化せずに使う方法 という記事がわかりやすく、無事Fire7にGooglePlayストアをインストールできました。

これでAmazonプライムビデオも、Kindleも、2ちゃんねるもすべて従来通り楽しめるようになりました。

良かった良かった。

 

Amazonプライムビデオの優れているところ

Amazonプライムビデオは、通常のGooglePlayアプリと違い、動画をストリーミングでなくダウンロードでも見られるところです。

テザリングでプライムビデオを見た場合、あっという間に容量制限に達してしまいます。3本も見たらかなり危ないです。

ですので、旅行前や長時間移動前などにFireで見たい映画をダウンロードしておくことで、オフラインで動画を楽しむことができます。

FireはMicroSDが挿入でき、今まで私が使っていたiOS端末やNexus7より拡張性が高いので、映画を何本も持ち歩くことができます。(SDを何枚か持っていけば)

長期の海外出張や旅行なんかではこういったのは嬉しいですよね。

 

さて、このFire 7、いつまで5,000円以下の激安状態が続くかわかりません。

タブレットが故障しそう、またスマホで本を読むのはちょっと目が疲れる、なんて方は今のうちに購入することをお勧めします!