Googleアナリティクスでデータ閲覧する際、地図情報と関連させてデータを表示させたいこと、ありませんか?

 

Googleアナリティクス単体でも、ある程度は地図情報とアクセスデータを連動させて情報を表示させることはできますが、Googleマップの様な詳細な地域の情報と関連させてデータを把握したい場合には、少々物足りません。

 

そんな時は、GoogleのマイマップとGoogleアナリティクスを使えば、簡単にGoogleアナリティクスのデータと詳細な地図情報を連動させることができます。

 

Googleマイマップとは

 

Googleマイマップとは、自分好みにカスタマイズした地図をクラウド上に保存できるGoogleのサービスです。これを使えば、Googleアナリティクスの情報を簡単に地図上に表示することができます。

 

Googleマイマップとは

 

Googleアナリティクスの準備

 

まず、Googleアナリティクスで参照したいデータのカスタムレポートを作成します。

 

 

【Googleアナリティクスのカスタムレポートの作り方】

 

Googleアナリティクスの最上部のメニューの”カスタム”を選択し、”新しいカスタムレポートの作成”をクリックします。

 

Googleアナリティクスのカスタムレポート

 

そこでディメンション(データの種類のことです)で”市区町村”と”経度”と”緯度”を選択します。

 

さらに今回は携帯(スマートフォン)ユーザーがどんなところからアクセスしているかを地図上で表示させたいので、ディメンションに”携帯端末の情報”を追加、指標に”ユーザー”を設定しました。ここら辺は知りたい情報にあわせて、選択する項目を変更して下さい。

 

Googleアナリティクスのカスタムレポート

 

 

最下段の”保存”選択すれば、レポートの作成は完了です。

 

Googleアナリティクスのカスタムレポート

 

保存後に表示させるレポート画面の、”エクスポート”選択し、CSVをクリック。そのままデータを保存します。

 

Googleマイマップを使用する

 

次はGoogleマイマップへ移動します(コチラをクリックして移動できます)。

 

そこで”新しい地図を作成”を選択します。

 

Googleマイマップのカスタムマップ

 

 

すると上記の画像の様な地図が表示されるので、画面右上部の”無題のレイヤ”の下の”インポート”をクリックし、先ほど保村したGoogleアナリティクスのCSVファイルを読み込みます。

 

すると…

 

Googleマイマップのカスタムマップ

 

できました!Googleマイマップ上に、Googleアナリティクスのデータが見事に表示されています。

 

Googleマイマップのカスタムマップ

 

もちろんGoogleマップと同じ様に、拡大してより詳細な地図上でGoogleアナリティクスのデータを閲覧することも可能です。

 

この機能を使い、さらにGoogleアナリティクスのディメンションや指標を自分好みに設定すれば、レポート作成をする際やデータを分析する際にも非常に役立ちますので、ぜひ活用してみて下さい。