2016年も、怒涛の様に過ぎていきました。
みなさんにとっては、2016年はどの様な年だったでしょうか?

Web業界にとっては、何と言ってもGoogleによるMFI(モバイルファーストインデックス)の発表が衝撃的だったのではないでしょうか。

そんなMFIですが、12月22日に2016年最後のWOH(WebMaster Office Hours)が行われ、MFIに関する質問にGoogleの担当者が直接答えてくれました。

その中で、気になる質問と答えをまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

1.Q 同じURLでPC用ページにしかないコンテンツを(テキストやリンク)がある場合で、スマートフォン用ページにそのコンテンツを移す(初期非表示を含め)対応をした方が良いでしょうか?

スマートフォン用ページにないコンテンツは優先度が低くてその様にしていますが、関連するテキストやリンクが含まれています。

A まさにGoogleが想定していることだが、MFI後はPC用ページにしかないコンテンツは評価されなくなる。対応するか否かはサイトオーナーの判断だが、スマートフォン対応をするなら高品質なモバイル用ページを用意してほしい。もしそれが難しいなら、中途半端なスマートフォン用ページを用意するより、PC用ページだけのままの方が、ユーザーも満足すると思います。

Cocoa編集部補足:Google担当者は、ユーザーの目線から中途半端なモバイル用ページを用意する必要はないのでは、と発言していますが、今後は”スマートフォンに最適化しているか否か”がサイトの検索順位に大きく影響します。

Google側は明言を避ける形で回答していましたが、”検索順位を高めたいなら、高品質でPCサイトとコンテンツが同等以上のスマートフォン用ページを用意してください”というのがGoogle側のメッセージだと思います。

2.Q 現在、PC用ページには構造家マークアップはありますが、スマートフォン用ページにはありません。そのため、スマートフォン用ページにも構造家マークアップを追加することを検討しています。

その際、スマートフォン用ページではパンくずリストなど一部コンテンツを省略しているのですが、PC用ページと同じ内容でマークアップをしても良いでしょうか?それともスマートフォン用ページのコンテンツ通りにマークアップすべきでしょうか?

A 基本は、スマートフォン用ページのコンテンツ内容に沿ってマークアップをしてください。ただし、パンくずリストなどの場合、UXの観点からスマートフォン用ページで省略しているが、検索結果には表示させたいというケースも多いということは認識しているので、Googleとしても検討している項目です。

3.Q PCページでは存在している「内部リンク」が、スマートフォン用ページではあえて省略している場合、その省略している内部リンクの評価は、MFI後でも同じ評価になりますか?

A なりません。MFI後はスマートフォン用ページに存在していない内部リンクは評価になりません。

いかがでしたでしょうか?

ちなみに、次回のWOHは一月下旬に開催とのこと。
気になる方は、是非リアルタイムで参加してみましょう!

source:WebMaster Office Hours