こんにちは。Cocoaウェブディレクターの中島です。

モバイルフレンドリー、モバイルファースト。
スマホ対応関連の流行語が毎月のように登場するウェブマーケティング界ですが、そもそも自社のサイトが正しくスマホ対応できているかどうかをチェックしてから対策を取らないと、徒労に終わってしまいます。

今回は、特に大きなスマホ対策を行っていないけど、今自分のサイトは大丈夫なのか、サクッと確認するためのビギナー向け簡易TIPSをお伝えします。

事前準備

まずは事前準備です。

サイトにGoogleSerchConsole(旧ウェブマスターツール)を設定してください。
GoogleSerchConsoleの基本的な内容に関しては、以下のブログ記事をご確認ください。

3分でわかる!Googleサーチコンソールの一番基本的かつオススメの使い方

グーグルアナリティクスを利用する前に、「グーグルウェブマスターツール」の設定はお済みですか?

これにより、自社サイトが検索でどのように影響されているかがわかるようになります。

モバイルフレンドリーテストをしてみる

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

上記のリンクをクリックして自社のサイトのURLを入力してみましょう。

1分ほど待ちます。。。。待ちます。

mobile_seo01

こんな感じになれば、基本的なモバイル対応としてはOKです。(完ぺきとは言いませんが)

ダメだった時の例もお見せします。

1分ほど待ちます。。。。待ちます。

mobile_seo02

こうなってしまった場合は、「モバイルフレンドリー」ではありません。残念。

スマホなどのモバイルデバイスで検索した場合に、検索順位が下がってしまいます。

エラーが出た際の基本的な対応方法

アラートメッセージを解消するように対策するのが基本です。

  • Googlebotによってクロールされる状態になっているか
  • モバイルでは一般的ではないFlashなどのコンテンツを利用していないか
  • モバイル画面でズームしなくても読むことができるフォントサイズになっているか
  • ユーザーが横スクロールやズームしたりする必要がないように、コンテンツのサイズと画面サイズが一致しているか
  • リンクの誤タップをしないように、それぞれのリンク部分が離れて配置されているか

ただ、基本的には以上の点を解消するように、サイトを直しましょう。

FLASHコンテンツの削除などは、比較的簡易に対策できるはずです。
TABLE(表)が画面を超えて左右にはみ出ているケースなども対策しやすいでしょう。

mobile_seo03

事前準備の項にある、Google Serch Consoleの「モバイルユーザビリティ」の欄でも、細かい修正すべき点を教えてくれます。

問題がある点が多い場合、または多岐なページにわたっていて修正が難しい場合は、レスポンシブサイトへのリニューアルを検討するタイミングでしょう。

長期的に見たモバイルSEO

上記はあくまで、短期的なマイナス面を配乗するためのモバイルSEOです。

長期的にモバイル検索で上位表示されるためのSEO対策も同時に考えていく必要があります。

当ブログでも口が酸っぱくなるほどお伝えしていますが、長期的に見たモバイルSEOとは、

「モバイル最適化された、質の高いコンテンツを増やす」

これに尽きます。

このあたりに関しても当ブログ内で触れてありますので、お時間があればぜひご一読ください。

PCのアクセス中心のサイトはどう対応すべき?Google・MFI後のSEO対策

【大変更の予感】Googleインデックスが、モバイルファーストへ。