ref

Googleは、2016年3月17日付のGoogleウェブマスター向け公式ブログ記事にて、2016年5月よりモバイルフレンドリーなページの順位をさらに向上させていくアルゴリズムのアップデートを予告しました。

出展:ウェブをさらにモバイルフレンドリーにするための取り組み http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2016/03/continuing-to-make-web-more-mobile.html

 

2015年に行われたアップデートとは

このモバイルフレンドリーを重視する流れの始まりは、2015年4月に行われたGoogleのモバイルフレンドリーアップデートがきっかけでした。

まだ記憶に新しいところだとは思いますが、モバイル端末、主にスマートフォンに対応していないサイトはモバイル端末でウェブ閲覧した際の順位が大きく引き下げられました。

これをきっかけに多くのウェブサイトがモバイル対応化し、レスポンシブデザインのページが格段に増えました。

私たち、Web制作業界にも多くのモバイル対応化案件が寄せられ、もはや新規案件ではモバイル対応が必須となってきています。

Googleは近年ウェブサイトのモバイル対応を非常に重要視しており、モバイルで見やすいサイトの順位を引き上げるだけでなく、AMPという閲覧高速化のプロジェクトも始動しています。

 

今回のアップデート内容とは

今回のブログの内容では、

「この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。このアップデートにより、モバイルでも見やすいページが検索結果でさらに多く表示されるようになります。」

と明言しています。

1回限りのアップデートという訳ではなく、モバイル非対応サイトの検索順位がさらに下がっていく、というアルゴリズムアップデートを継続的に行っていくという事でしょう。

ただ、一方で

「モバイル フレンドリーではなくてもページのコンテンツの質が高ければ、関連性の高い優れたコンテンツとして今後もランキングされることがあります。」

とも言っており、コンテンツの内容が重要、という姿勢は変わっていないようです。

 

ともかく、まだ現段階でモバイル対応を済ませていないウェブサイトは検索順位で非常に不利になっていくのは間違いなさそうです。

一刻も早いモバイルフレンドリー化が求めらます。

 

間違ったモバイルフレンドリーもマイナス対象に

20160317_06

Googleの提唱するモバイルフレンドリーは、決して見た目がスマホ対応になっていることだけではありません。

間違ったリダイレクトや、PCの画像をそのまま大サイズで流用することによる表示速度の遅さなど、マイナスに影響してしまうレスポンシブデザインもまれに見かけます。

Googleが既存のサイトをモバイルフレンドリーかどうかチェックしてくれるサイトを用意していますので、既存のサイトが十分にモバイルフレンドリーに対応しているかどうか、一度チェックしてみるのもいいかもしれません。

Google Mobile-Friendly Website(公式):https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/