急遽、高解像度の写真が必要になったけど、素材の取り直しができない…そんな時、Photoshopを使えばとても簡単に画像の解像度を上げることができます。所要時間は、僕の環境(MacBook Pro ,Retina, 15-inch, Late 2013,プロセッサ:2.6 GHz Intel Core i7,メモリ:16 GB 1600 MHz DDR3,グラフィックス:NVIDIA GeForce GT 750M 2048 MB,Adobe Photoshop CC 2014使用)でなんと20秒!

 

それでは、手順をご紹介します。

 

1.ファイルをPhotoshopで開く

 

まずは当たり前ですが、解像度を上げたいファイルをPhotoshopで開きます。

 

2.画面最上部メニューの”イメージ”を選択

 

画面最上部のメニュー(Photoshopという文字から右にに三つ目のメニュー)の”イメージ”を選択します。

 

Photoshop_無料講座

 

 

 

すると画像の様にプルダウンでさらにメニューが表示されるので、そこから”画像解像度”をクリック!

 

Photoshop_無料講座

 

 

3.”解像度”と”再サンプル”を操作

 

メニューの”画像解像度”をクリックすると下の画像の画面が表示されるので、”解像度”をお好きな解像度(例えば350など)に、さらに”再サンプル”の箇所にチェックを入れ、すぐ右横の”自動”という横長の長方形のボタンをクリックし、”ディテールの保持(拡大)”を選択します。

 

Photoshop_無料講座

 

 

4.右下の”OK”を押せば、画像の解像度アップ終了!

Photoshop_無料講座

最後に画面の右下の”OK”を押せば、画像の解像度アップ終了です!例として解像度を上げる前の画像と上げた後の画像を並べた画像をのせておきますので、ぜひクリックして拡大された画像を見てみて下さい。

 

Photoshop_無料講座

 

少しわかりにくいかもしれませんが、解像度を上げた後の画像の方が、滑らかになっています。印刷などより高い解像度が求められる環境では、この差はよりはっきりわかるはずです。

 

Photoshop_無料講座

 

作業にかかった時間を計ってみたところ、たったの16.58秒!20秒もかかりませんでした。皆さんも、画像の解像度が低くて困った時は、ぜひこの方法を試してみてください。(使用するPhotoshopのバージョンによっては同じ作業ができない場合もあります。その際はPhotoshopの無料体験版などで機能を試してみるとよいかもしれません。)