ホームページを開設した後、その状況を分析し、効果改善に役立てるツール「グーグルアナリティクス」については日頃その使い方や機能をお伝えしている次第です。

しかし、グーグルアナリティクスでわかることはホームページにアクセス済のユーザーの動き。
ホームページにアクセスしてくる前の動きをもう少し知りたい!
そんなニーズに対応するのが「グーグルウェブマスターツール」です。

基本的にはグーグルアナリティクスを設置した時点で、ウェブマスターツールも登録すべきです。

—-

webmaster

さて、このウェブマスターツール。何がわかるのかというと、
ホームページが実際にどんな検索キーワードで表示されているのか、その場合の表示順位は何位なのか?
たとえばこのような検索クエリに関する情報が簡単に取得できます。

また、検索順位を決定するのに、ホームページの構造上問題がある点などを指摘してくれます。
※たとえば、画像が多すぎてサイトの表示が重い、など

このグーグルウェブマスターツールは、グーグルアナリティクスと連携が可能です。(アカウントのひもづけ)
連携を行うと、日別の検索順位を取得できたりして、SEO上の変化をチェックすることができます。

グーグルアナリティクスで取得できる情報はもちろん大事ですが、それだけでは十分な情報を取得できているとは言えません。
かならずウェブマスターツールとの同時設定を心がけるようにしましょう。

 

Written by 中島