非常に便利な機能が満載のグーグルアナリティクスですが、毎日毎日グーグルアナリティクスばかり見ているわけにもいかない…。

そんな時に便利な機能が、グーグルアナリティクスのインテリジェンス イベント機能です。

 

インテリジェンス イベントを使うと、計測しているウェブサイトに気になる指標に変化があった時、グーグルアナリティクスにログインしなくとも変化があったことをメールで知らせてくれます。

 

インテリジェンス イベントの基本的な使い方

 

それでは、グーグルアナリティクスのインテリジェンス イベントの基本的な使い方をご説明したいと思います。

 

まず、グーグルアナリティクスの管理画面の右側、”インテリジェンス イベント”の箇所をクリックしサマリーをクリックします。

 

スクリーンショット 2014-11-23 3.34.55

 

 

サマリーをクリックすると、写真の様な箇所がありますので、そこの”カスタム アラート”をクリックします。

 

スクリーンショット 2014-11-23 3.47.39

そこで”カスタム アラート”のすぐ下の”カスタム アラート””カスタム アラートを管理”というボタンを押すと、下の様な画面になります。

スクリーンショット 2014-11-23 3.37.42

そこで青いタブをクリックし、変化があった場合グーグルアナリティクスからメールを受け取りたい指標を選択します。ウェブサイトにアクセスしてくるユーザー数に変化があった場合にグーグルアナリティクスからメールが欲しい場合は、”ユーザー”を選択すればOKです。その横のボタンで、ユーザーが増えた場合、もしくは減った場合にメールがくる様にするのか、またどれくらい減ったらメールが送られるのかを設定できます(写真では、PVが10%減った場合、webmasterにメールがくる様に設定しています)。

専任のウェブ担当の方がおらず定期的にグーグルアナリティクスを管理するのが難しい場合、このようにグーグルアナリティクスのインテリジェンス イベント機能をうまく活用すれば、重要な指標に変化があった時に素早く対応することが可能です。