WordPressでホームページを作成した際に、ついおざなりになってしまうのが「404ページ」ではないでしょうか。
404ページというのは、URLに紐づくページが存在しない際に表示されるページの事です。
誰しも一度は見おぼえがあると思います。

notfound

↑ 古くはこんなやつです。

WordPressは非常に優秀で、該当するページが存在しない場合、自動的にindex.php(トップページ)が表示されるようになっています。
404.phpというページを作成してあげる事により、「該当ページが存在しないですよ!」というページが表示されるようになります。

404.phpは「All in one SEO pack」というプラグインをインストールすれば簡単に作成できますので、こちらのやり方は今回割愛します。
今回ここで語りたいのは、404ページを作成する有用性についてです。

—-

結論から言うと、404.phpは作成すべきです。

 

① Google様が作れと言っている!

ハイ大事です。ここSEOのテストに出ます。
SEOにおいて最も大事といっていい、「Googleの言う事を聞く」の法則に当てはまります。
Google様の御言葉はこちら→ https://support.google.com/webmasters/answer/93641?hl=ja

 

② ユーザビリティが良くなる

あなたがどこかのサイトを閲覧して、リンクをクリックしたときに何も言わずにトップページに飛ばされたらどう思いますか?
まず「あれっ?」と思うでしょう。そのあとにブラウザの「戻る」を押すんじゃないでしょうか。
そして同じリンクをもう一度クリック。
終わりのない無限回廊の始まりです。
そして無限回廊を歩いた距離の分だけ、最終的に怒りがわいてくるはずです。「無いなら無いでそう言え」と。

404ページでは、即謝罪が可能です。
「該当するページはございません。大変申し訳ありません。もしかしてこれをお探しでしょうか・・?」
そしてサイト内検索フォームの一つでもつけておけば、ユーザーの怒りは最小限に抑えられるでしょう。

 

③ リンク切れを探知できる

グーグルアナリティクスなどの解析ツールを入れておいた場合、404.phpへのアクセスを解析することで問題のあるページをあぶりだせます。
やたら404ページに移動してくる元ページはリンク切れを抱えている可能性が非常に高いです。
定期的に404ページのアクセスを見る事で安全・安心なホームページ制作が可能になりますね。

 

さて、これで404ページの有用性がわかってもらったことと思います。
素敵な404ページはストレスを喜びに変えてくれる無限の可能性を秘めています。

 

Written by 中島